ホーム> デジタルメディア局

デジタルメディア局

デジタルメディア事業

 毎日新聞社は、国内インターネット黎明期である1995年8月にニュースサイト「JamJam」を立ち上げました。以降、刻々と変化し続けるデジタルシーンの先頭を切ってデジタルメディア事業を推進してきました。

 2013年12月には新聞社最大のコンテンツである「ニュース」とデジタルのテクノロジーが融合し、毎日新聞の紙面がパソコンやスマートフォン、タブレット端末でも閲覧出来る紙面ビューアーが登場しました。

 2015年6月には、電子新聞サービス「デジタル毎日」を開始し、ニュースサイト「毎日新聞」にデジタル独自のプレミアムコンテンツも登場し、さらに進化した総合情報サイトに生まれ変わりました。

 デジタルメディア局は、この「デジタル毎日」の運営をはじめとする、毎日新聞社のデジタルコンテンツのほぼすべてを取り扱い、モバイル端末向け配信、音声ニュース、視覚障害者向け配信、外部のキュレーションアプリやソーシャル・ネットワーキング・サービスとの提携など、新しいサービスやテクノロジーの登場にいち早く対応したサービスを提供し続けています。

提供サービス案内

総合情報サイト

   「毎日新聞社のニュースサイト」

関連サイト

   英文サイト「The Mainichi」
   「毎日プレミアムモール」
   バリアフリーの情報ページ「ユニバーサロン」

モバイル、コンテンツ販売

   法人向け・ニュース写真提供
   教育機関・自治体向けサービス
   個人向けサービス(モバイル、有料記事検索など)


沿革

1995年 8月
毎日新聞初のニュースサイト「JamJam」開設
1996年 4月
娯楽サイト「AULOS」開設
1998年 7月
写真データベース「毎日フォトバンク」開設
1998年12月
バリアフリーの情報サイト「ユニバーサロン」開設
1999年 2月
携帯iモード公式サイト「毎日新聞スポニチ」開設
1999年 4月
「JamJam」「AULOS」を統合し、
新サイト「毎日インタラクティブ」開設
2004年 4月
マイクロソフトとの協業サイト「MSN毎日インタラクティブ」開設
2004年 6月
ネットショッピングサイト「毎日プレミアムモール(プレモ)」開設
2007年10月
総合情報サイト「毎日jp」開設
2011年3月
ニュース漫画アプリ「スマ町銀座商店街」リリース
2013年12月
「紙面ビューアー」サービスを提供する愛読者セット 開始
『ニュースサイト「毎日新聞」』にリニューアル
2015年6月
「デジタル毎日」サービス開始
2015年10月
デジタル新媒体「vote18」発行
2015年12月
ニュースサイト「毎日新聞」のデザインを一新