ホーム> イベント> 顕彰> 「2011年毎日写真コンテスト」受賞作品決定

顕彰

「2011年毎日写真コンテスト」受賞作品決定

内閣総理大臣賞 「復興に向けて」矢野文夫さん(4枚組み)

 「2011年毎日写真コンテスト」(主催・毎日新聞社・日本報道写真連盟、特別協賛・東日本旅客鉄道株式会社、協賛・富士フイルム株式会社、株式会社ニコンイメージングジャパン、エプソン販売株式会社)の審査が行われ入賞、入選作品が決まった。  今年はドキュメント部門を、ドキュメント単写真とドキュメント組み写真の2部門に分割した。ドキュメントの2部門に1166点(単・組み両部門合わせて)、ファミリー部門に349点、学生部門の高校生752点、中学生99点、小学生141点の計2507点の応募があり、内閣総理大臣賞には群馬県の矢野文夫さん、文部科学大臣賞には大阪府の野呂彰さん、ドキュメント大賞には福島県の高田毅さんが輝いた。審査は写真家の田沼武能、江成常夫、中谷吉隆の3氏が行った。

【内閣総理大臣賞】
「復興に向けて」矢野文夫(57)群馬県太田市

【文部科学大臣賞】
「チン電路地裏話」野呂彰(70)大阪市

【ドキュメント大賞】
「見せてあげたかった鯉のぼり」高田毅(57)福島県南相馬市


ドキュメント単写真部門
【毎日新聞社賞】
「大道芸」伊藤 清(63)大阪府池田市
ドキュメント組み写真部門
【日本報道写真連盟賞】
「奪われた日常」石津武史(68)奈良県北葛城郡
ファミリー部門
【JR東日本賞】
「ふるさとの歓喜」小原純雄(63)東京都西東京市
高校生部門
【優秀賞】
「ビームッ!!!」狩野春奈(17)長野県飯田女子高3年
中学生部門
【優秀賞】
「空を飛んでいるみたい」稲葉有紀(15)栃木県宇都宮市立星が丘中3年
小学生部門
【優秀賞】
「食べられるーたすけてくれよーまってー」伊藤愛果(11)北海道江別市立東野幌小5年