ホーム> イベント> 顕彰> 第26回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)の入賞者決定

顕彰

第26回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)の入賞者決定

 模型作品審査の結果、実物を制作する18点と入選模型作品の22点が決まりました。

 審査した模型を並べた応募作品展を11月3日まで山口県宇部市のときわ湖水ホールで開催中(入場無料)。実物制作する18点の中から2015年10月3日、大賞や毎日新聞社賞などが決まり、同年10月4日~11月29日、同市のときわ公園で一般公開します。今回の応募は国内201点、海外65点、計266点でした。

<入賞者(敬称略)>

▽実物大制作
 田中清隆、三木俊治、浅野芳彦、久村卓、武田充生(以上東京)[gh/e]=御幸朋寿、永田康祐、砂山太一(東京=グループで制作)田中毅、戸田裕介、晴柀幸一(以上埼玉)志賀政夫(茨城)西澤利高(神奈川)浅野左倉(岐阜)竹腰耕平(京都)津村拓(兵庫)谷口顕一郎(ドイツ)ヴィンセント・オリネット(フランス)クオ・シャン・クオ(台湾)プロジェクトムーン(韓国)

▽入選模型
 熊谷文秀(北海道)大栗克博、藤島明範(以上茨城)竹鶴壽男(神奈川)小池光典(長野)杉村孝、石上和弘(以上静岡)近持イオリ(滋賀)吉田二郎(京都)北川太郎、西村正徳、三宅之功(以上兵庫)村中保彦(広島)平山悟(山口)松永勉(徳島)前原ヨシノブ、小川徹也(以上福岡)アンドレア・トンプソン(アメリカ)マイロスロウ・バツゥア(ポーランド)チャトチャマン・アムソムキド(タイ)リム・グゥアン・ヒュアット、イエオ・チー・キォング(以上シンガポール)

<選考委員(敬称略)>
酒井忠康(委員長・世田谷美術館長)▽澄川喜一(島根県立石見美術館長)▽水沢勉(神奈川県立近代美術館長)▽逢坂恵理子(横浜美術館長※模型作品審査は欠席)▽河口龍夫(金沢美術工芸大教授)▽斎藤郁夫(山口県立美術館副館長)▽藤原徹平(横浜国立大大学院准教授)▽南嶌宏(女子美術大教授)▽岸桂子(毎日新聞社学芸部記者)▽久保田后子(緑と花と彫刻の博物館長)

主催 宇部市、UBEビエンナーレ運営委員会、毎日新聞社
協賛 宇部興産株式会社