ホーム> イベント> 文化> 北九州市立美術館本館リニューアル・オープン記念
「英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩」

文化

北九州市立美術館本館リニューアル・オープン記念
「英国最大の巨匠 ターナー 風景の詩」

 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)は、イギリスで最も偉大な画家であり、風景画の歴史において最も独創的な画家のひとりです。卓越した技法によって、嵐の海景、崇高な山、穏やかな田園風景など、自然の多様な表情を描くとともに、歴史風景画にも取り組みました。光と空気に包まれた革新的な風景表現は、今日においても多くの芸術家にインスピレーションを与えています。

 ロンドンに生まれたターナーは20代の若さでイギリス美術の最高権威、ロイヤル・アカデミーの正会員となりました。イギリス国内はもとより、フランス、スイス、イタリア、ドイツなどヨーロッパ各地を旅行し、多くの風景画を描きました。また、詩集の挿絵や地誌に関する出版物など多くの版画も残しています。

 本展は、4つの章(地誌的風景▽海景▽イタリア▽山岳)を設定し、各章にふさわしい作品を、スコットランド国立美術館などイギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐって紹介、最新の知見をもとにターナー芸術を再考し、その核心と魅力に迫ります。

 なお、本展は北九州展の後、京都文化博物館▽損保ジャパン日本興亜美術館▽郡山市立美術館に巡回します。

「風下側の海辺にいる漁師たち、時化模様」
1802年展示 油彩・カンヴァス サウサンプトン・シティ・アート・ギャラリー on loan from Southampton City Art Gallery ©Bridgeman Images / DNPartcom
「セント・オールバンズ・ヘッド沖」
1822年頃 水彩・紙 ハロゲイト、メーサー・アート・ギャラリー ©Mercer Art Gallery, Harrogate Borough Council
開催日 2017年11月3日(祝・金)~2018年2月4日(日)
日時の詳細 午前9時半~午後5時半(入館は午後5時まで)
月曜日と年末年始(12月29日~1月3日)休館。
ただし、月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌火曜日が休館
会場 北九州市立美術館本館(北九州市戸畑区西鞘ケ谷町21-1)
料金 一般1400(1200)円、高大生800(600)円、小中生600(400)円
※かっこ内は前売り及び20人以上の団体料金
※本券チケットで「コレクション展」も観覧できます。
問い合わせ 北九州市立美術館本館 093・882・7777
関連リンク 展覧会特設ホームページ
http://turner-kitakyu.com/
主催 ターナー展実行委員会(北九州立美術館、毎日新聞社、RKB毎日放送)、 スコットランド国立美術館群
協賛 北九州銀行、大日本印刷
協力 日本航空