ホーム> イベント> 高野山開創1200年記念 春季特別講座開催要項-聴講者の募集は終了しました-

高野山開創1200年記念 春季特別講座開催要項-聴講者の募集は終了しました-

=聴講者の募集は締め切りました=


高野山夏季大学での講演風景(写真は2012年の池上彰さんの講演)

 816(弘仁7)年に弘法大師・空海が高野山に密教の道場を開いて1200年目を迎える記念事業として、3月21日(土)〜22日(日)の両日、高野山大学松下講堂黎明館(和歌山県高野町)にて「高野山開創1200年記念 春季特別講座」を開催します。

 世界遺産に登録されている「紀伊山地の霊場と参詣道」の一角で、「今を生きる」をテーマに4人の講師の貴重なお話や、高野山金剛峯寺ならではの声明公演、写経会、阿字観、山内見学などで過ごすひと時は、心豊かにしてくれると共に、「一期一会」の新たな出会いを演出してくれます。

 参加される皆様にとって心に残る時間となれば幸いです。


■高野山開創1200年記念 春季特別講座

会期 3月21日(土・祭)〜22日(日)
会場 高野山大学松下講堂黎明館(和歌山県高野町)
講師(敬称略)と日程 ◇第1日(3月21日)
  • 正午 受付開始
  • 14時 開講式
  • 14時10分〜15時10分 女優、倍賞千恵子「歌うこと、演じること、そして生きること」
  • 15時30分〜16時30分 医師・作家、鎌田實「1%の力」
  • <夕食休憩>
  • 19時〜20時 総本山金剛峯寺「声明講演」

◇第2日(3月22日)
  • 8時〜8時半 お授戒 中西啓寶・高野山真言宗管長、総本山金剛峯寺座主
    (自由参加。高野山大師教会大講堂にて開催)
  • 9時〜9時半 高野山真言宗宗務総長、添田隆昭「大師はいまだおわしますか」
  • 9時40分〜11時50分 山内見学・阿字観入門・写経会(自由参加)
    山内見学(金剛峯寺・伽藍・霊宝館コースと奥の院コースの2コースがあり、いずれかを選択。奥の院は特別講座の会場から離れているため臨時バスを運行します)
    阿字観入門 高野山大師教会大講堂(有料500円)
    写経会   高野山大学本館2階201号教室
  • <昼食休憩>
  • 13時〜14時 作家、五木寛之「こころの風景」
  • 14時〜14時10分 閉講式

倍賞千恵子氏

鎌田實氏

中西啓寶氏

添田隆昭氏

五木寛之氏
聴講料 1万円
定員 先着800人
宿泊 希望者は宿坊をあっせんします。1泊3食(21日夕食と22日朝食、昼食)で8500円(申込書参照)。男女別の相部屋。
申し込み方法 (1)または(2)の申込書でお申し込みください。

(1)所定の申込書を送りますので、宛名を書いた返信用封筒、必要な申込書の枚数(1人1枚必要)を明記した紙を入れ、封書で送ってください。
申込用紙1枚の場合は82円切手、2枚以上の場合は92円切手を貼ってください。

(2)申込書のダウンロードはこちらから(PDFファイル)

申込書のダウンロード 開催要項のダウンロード
  ※PDFファイルを開くには、AdobeReaderが必要です。
  AdobeReaderのダウンロードはこちらから


[封書の送付先]〒530-8251(住所不要)毎日新聞社事業部、高野山春季講座係

問い合わせ 毎日新聞社事業部、高野山春季講座係(06・6346・8377=平日10〜18時)
主催 毎日新聞社、総本山金剛峯寺
後援 高野山大学