ホーム> イベント> スポーツ> 大関・琴奨菊の優勝額が完成

スポーツ

大関・琴奨菊の優勝額が完成

 毎日新聞社は、大相撲本場所で優勝した力士に優勝額を贈呈し、国技館に掲額する事業を行っています。2016年の初場所で、日本出身力士として10年ぶりに優勝した大関・琴奨菊を2月6日に東京都内の写真スタジオで撮影し、このほど額が完成しました。国技館に掲げる畳5枚分の額のミニチュア版(縦32センチ、横23センチ)の販売も始めます。

完成した優勝額
化粧まわしをつけて撮影に臨む
化粧まわしをつけて撮影に臨む
カメラマンの要求に応じてポーズを取る
カメラマンの要求に応じてポーズを取る
撮影した画像を祐未夫人とともに確認
夫人と記念写真に収まる
付け人と記念写真に収まる
撮影終了後、髪を結い直す

 国技館への優勝額掲額は1909(明治42)年に始まり、毎日新聞社の事業として続けてきました。ミニ額は優勝額を縮小したもので、毎日新聞社が富士フイルムの技術協力を得て製作します。

価格 9200円(送料、消費税含む)。
申し込み 郵便振替で。口座番号「00180―3―2800」。加入者名に「毎日新聞社」▽通信欄に「事業本部優勝額係、平成28年初場所・琴奨菊」▽依頼人欄に郵便番号、住所、氏名、電話番号――を明記してください。ネットショッピングサイト「毎日プレミアムモール」(http://premo.mainichi.co.jp)でも注文できます。これまでの優勝力士のミニ額も一部を除き販売しています。
問い合わせ 毎日新聞事業本部(03・3212・0190=平日午前10時~午後5時)