主な事業/災害救援事業

東日本大震災 遺児奨学金制度「毎日希望奨学金」

東日本大震災遺児奨学金制度「毎日希望奨学金」

東日本大震災遺児奨学金制度
「毎日希望奨学金」

2016年度は「毎日希望奨学金」194人に

 毎日新聞社と毎日新聞(大阪・東京・西部)社会事業団は東日本大震災で保護者を亡くした生徒や学生を支援する2016年度の「毎日希望奨学金」を194人に給付します。うち2015年度からの継続者が139人、新規が55人です。学校別では高校・高専生110人、短大・大学生66人、専修学校生18人です。月額2万円を3カ月ごとにまとめて給付します。

 毎日希望奨学金は2011年5月に創設し、2011年度は156人に総額3,744万円。2012年度は188人(当初は191人、退学や休学等で188人に)に総額4,554万円。2013年度は240人(当初は241人、休学等で240人に)に総額5,766万円。2014年度214人(当初は215人、退学で214人)に総額5,154万円。2015年度215人(当初は217人、退学で215人)に総額5,184万円を給付しました。2011年4月からの奨学金給付総額は2億4,402万円になりました。

 この奨学金は趣旨に賛同いただいた読者や団体からの寄付をもとに運営しています。引き続き募金にご協力をお願いいたします。

毎日希望奨学金の歩み

 2011年5月4日、東日本大震災で保護者を亡くした震災遺児を支える「毎日希望奨学金」制度を毎日新聞大阪・東京・西部社会事業団、毎日新聞社で創設。奨学金基金への募金を毎日新聞紙面で呼びかけました。2016年3月末までに13,588件・7億6,616万2,780円(東京・西部社会事業団分を含む)が大阪社会事業団に寄せられました。

 これまでに給付した人数と金額は、 2011年度が156人で3,744万円を給付しました。 2012年度は給付当初は191人で開始しましたが、年度途中で退学、休学者が3人あり最終的には188人となり、4,554万円を給付しました。

 2013年度は給付当初は241人で開始、年度途中で休学者が1人あり最終的には240人となり、5,766万円を給付しました。

 2014年度は給付当初は215人で開始。年度途中で退学者が1人あり最終的には214人となり、5,154万円を給付しました。

 2015年度は給付当初は217人で開始。年度途中で退学者が2人あり最終的には215人となり、5,184万円を給付しました。5年間の給付総額は2億4,402万円になりました。

5年目の毎日希望奨学金給付実績

  2015年(5年目)度は、2015年3月13日付毎日新聞朝刊で「毎日希望奨学金奨学生を募集」の社告を掲載するとともに被災地の高校や・大学などに直接照会をかけました。50人応募枠に対して76人が応募。5月1日に奨学生選考委員会が開かれ、全員一致で76人に給付が決定しました。奨学生は継続者と合わせて217人になりました。

4月25日 135人(4、5、6月分) 810万円を支給。
6月25日 82人(4、5、6月分) 492万円を支給。
7月25日 217人(7、8、9月分) 1302万円を支給。
10月24日 215人(10、11、12月分) 1290万円を支給。
2016年1月25日 215人(1、2、3月分) 1290万円を支給。
  合計 5184万円
2011年4月からの合計給付額 2億4,402万円

募金はこちらへ

【銀行振り込み】 三菱東京UFJ銀行大阪営業部(普通0257441)。
口座名は公益財団法人毎日新聞大阪社会事業団 (手数料は金融機関でご確認ください)

【郵便振替】 「奨学金」と明記して郵便振替(00970・9・12891)

【現金書留】 〒530−8251 大阪市北区梅田3の4の5、   毎日新聞大阪社会事業団 へ

寄付者名を紙面で紹介します。(なお、匿名を希望される方は「匿名希望」と明記してください。 )銀行振り込みの方で掲載や領収証をご希望の場合は、その旨を明記して住所、氏名、電話番号を書き、振込用紙の写しを添えて郵送かファクス(06・6346・8681)で大阪社会事業団へお送りください。

これまでの毎日希望奨学金制度について

 毎日新聞大阪社会事業団は阪神大震災時に希望奨学金制度を実施しました。1995年度から2004年度までの10年間の予定でしたが、2008年度までの14年間実施しました。定員100人。選考委員会で支給対象者を選考。14年間で高校、専門学校、大学、短大生の計280人に支給しました。

 支給額は高校生8000円、大学生1万5000円で始め、97年度から高校生1万2000円、大学生2万3000円に増額しました。14年間の支給総額は1億4682万円になりました。