タイトルイメージ 右空白
左空白 右空白
 

毎日新聞西部社会事業団プロフィール
基本理念

■ 沿  革 ■

 毎日新聞社会事業団の母体は、毎日新聞の前身、大阪毎日新聞の発行1万号を記念 して1911(明治43)年12月に設立した大阪毎日新聞慈善団にさかのぼります。正式には翌12(同44)年8月に政府の認可を得て財団法人として発足し、 その後何度か名称を変更するなどしましたが、戦後の1946(昭和21)年に現在の大阪、東京両社会事業団に改組しました。
  西部社会事業団は1952(昭和27)年8月、毎日新聞西部本社内に大阪社会事業団の支部として発足しました。設立直後から活動は目覚しく、翌53年から 長崎大学医学部などの協力で、同県下の無医村地区で無料検診を開始したのをはじめ、同年12月には北九州、筑豊、筑後地区の養護施設20カ所に童話班を派遣 して、菓子を配って激励したほか、筑豊炭田など炭鉱地帯の子どもたちを映画会に招待したり、文房具や菓子をプレゼントするなどしました。また58(同33) 年2月には大分県別府市でのプロ野球・大毎オリオンズの紅白試合に市内の施設の子どもたちを招待し、野球用品をプレゼントするなどしました。健康福祉面では 60(同35)年8月、北九州市内の済生会八幡病院と共同で「胃を守る会」を結成し、全国に先駆けて、職域での胃の集団検診をスタートしました。89(平成元) 年からは大腸がん検診も始め、94(平成6)年3月28日に解散するまで延べ20万2706人が受診しました。
 そうした活動をより充実、発展させるため、国際障害者年の81(同56)年5月、財団法人・毎日新聞西部社会事業団として独立しました。その記念事業とし て同年から「巡回入浴車を贈る運動」「毎日ふれあい子どもの船」をスタートしました。巡回入浴車は96年までの15年間に計35台を九州・山口の自治体に 寄贈したほか、子どもの船は90年まで計9回就航し、福岡県や山口県内の児童福祉施設の子どもたちや在宅障害児らを招待し、瀬戸内海や玄界灘で大型船による 航海体験を行い、喜ばれました。このほか、長崎県・雲仙普賢岳災害や阪神大震災などでは緊急の被災者救援金を募るなど大々的な募金運動を展開したほか、 障害児者の交流キャンプや研修事業、恵まれない子どもたちへの新入学・卒業の祝い品プレゼント、各種福祉団体への運営資金助成、障害者スポーツ・文化活動 への助成など、幅広い社会福祉事業を展開し、今日に至っています。

■(財)毎日新聞西部社会事業団役員及び評議員 ■
理事長   田中青史(毎日新聞社取締役・西部本社代表)
常務理事  木村雄峰(毎日新聞西部社会事業団事務局長)
理事 佐木隆三(作家、北九州市立文学館館長)
理事 陶山秀昭(西日本鉄道取締役・専務執行役員)
理事 高野利昭(九州国際大学理事長、前北九州市助役)
理事 中川 清(北九州都心開発社長)
監事 村田和也(毎日新聞西部本社経理担当部長)
評議員 青山隆悦(RKB毎日放送北九州支社長)
評議員 中野敬一(弁 護 士)
評議員 福田信夫(北九州商工会議所理事)
評議員 宮崎貴子(北九州市立響ホール館長、元北九州市教育次長)
評議員 伊藤元信(毎日新聞西部本社編集局長)
評議員 宗弥治郎(毎日新聞常務執行役員・西部本社販売局長)
評議員 角江慶輔(毎日新聞西部本社広告局長)
評議員 重安 聰(毎日新聞西部本社代表室長)
【事務局】 
事務局長 木村雄峰
 福井美穂
■ 2008年度決算報告 ■