オペラ「鑑真東渡」


オペラ「鑑真東渡」/故郷・江蘇省からプロの演芸集団来日/東京、奈良、京都で巡演/来月20日から/チケット発売中

5度にわたる失敗を乗り越え、失明しながらも日本に渡り、奈良・唐招提寺を建立した鑑真和上(688〜763年)の生涯を描いた新作オペラ「鑑真東渡」の日本巡回公演が12月20〜28日に開催される。鑑真和上の故郷・中国江蘇省の「江蘇省演芸集団有限公司」からオーケストラ、劇団員あわせて約200人が来日し、東京、奈良、京都で上演する。

東京公演で鑑真和上役を務める田浩江(ティエン・ハオジャン)氏は世界的なバス歌手。1980年に北京・中央音楽院を卒業。91年にアメリカ・メトロポリタン歌劇場でデビュー以来、世界各地のオペラハウスで活躍し、40役1300回以上の公演に出演している。

鑑真和上
© 飛鳥園

【東京公演】

渋谷・Bunkamuraオーチャードホール、12月20日(火)午後7時開場、午後7時半開演。S席1万2000円、A席1万円、B席8000円、C席6000円。

【奈良公演】

なら100年会館、12月23日(金、祝日)午後1時半開場、午後2時開演。S席1万円、A席8000円、B席6000円、C席4000円。

【京都公演】

ロームシアター京都、12月28日(水)、午後6時開場、午後6時半開演。S席=1万円、A席8000円、B席6000円、C席=4000円。

(金額はいずれも税込み)

 

協力ポラリス株式会社、毎日新聞社

主催 中国日本友好協会、中日友好21世紀委員会中国委員会、江蘇省人民政府
運営 江蘇省対外文化交流協会、江蘇省演芸集団有限公司
後援 外務省、文化庁、中華人民共和国駐日本国大使館、奈良県、奈良市、京都市、一般社団法人日中協会、公益社団法人日本中国友好協会、日本国際貿易促進協会、一般財団法人日本中国文化交流協会、日中友好議員連盟、一般財団法人日中経済協会、公益財団法人日中友好会館
企画制作 中国江蘇省委宣伝部、江蘇省文化庁、江蘇省演芸集団有限公司
出演 江蘇省演芸集団歌劇舞劇院、江蘇省演芸集団交響楽団

チケット販売は17日から。各劇場窓口及び毎日新聞旅行「まいたびコールセンター」(電話03・6265・6966、平日午前9時半〜午後5時半)。

各劇場窓口へのお申し込みなどはこちらから

 icon-arrow-circle-right 【Bunkamuraオーチャードホール】

 icon-arrow-circle-right 【なら100年会館】

 icon-arrow-circle-right 【ロームシアター京都】

 icon-arrow-circle-right ニュースサイトで読む

案内
※画像をクリックすると拡大します。
一覧へ

文化のイベント一覧へ


文化