サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝~江戸の名品勢ぞろい~


 米国のコレクター、リー・ダークス氏(1935~)の浮世絵コレクションを紹介する展覧会です。同氏は20代の頃に米空軍大尉として日本に駐留したのをきっかけに日本美術に関心を持ち、とりわけ感銘を受けたとういう浮世絵版画の収集をはじめました。

 コレクションは誰もが知る名品や浮世絵ファンをうならせる珍しい名品が、浮世絵版画の初期から幕末まで幅広く網羅されています。保存状態が良く美しい色彩を残した作品も多いコレクションから、厳選した166点で浮世絵版画の歴史をご覧いただきます。

 

東洲斎写楽「三代目市川八百蔵の田辺文蔵」大判錦絵 寛政6年
歌川広重「鴛鴦」大短冊判錦絵 天保3~6年頃
 ⓒLee E.Dirks Collection
 
開催日 2018年4月28日(土)~5月27日(日)
※休館日5月14日(一部展示替えがあります。)
日時の詳細 午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)
※金曜日は午後7時閉館(入館は午後6時半まで)
会場 山口県立萩美術館・浦上記念館(萩市平安古町586-1)
料金 一般1,000(800)円、学生と70歳以上800(600)円 18歳以下無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
問い合せ 山口県立萩美術館・浦上記念館 0838・24・2400
関連リンク 美術館ホームページ http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/ 
主催 リー・ダークス展萩実行委員会(山口県立萩美術館・浦上記念館、毎日新聞社、tysテレビ山口)、日本経済新聞社

文化のイベント一覧へ


文化