没後50年 河井寬次郎展


 「没後50年 河井寬次郎展」を東京都港区のパナソニック汐留ミュージアムで開催します。

 近代陶芸の巨匠、河井寬次郎(1890~1966年)。その代表作をはじめ、木彫や家具調度品のデザイン、哲学や人生観をつづった書作品など、陶芸家の括りに収まらない寛次郎の深い精神世界を紹介します。河井寬次郎記念館(京都)の所蔵品を中心に、山口大学所蔵の初期作品を初公開し、松下幸之助が所蔵した作品も特別展示します。

「三色打薬双頭扁壺」1961年頃 個人蔵
会期 2018年7月7日(土) ― 9月16日(日)
休館日 毎週水曜日、8月13日~15日
開館時間 午前10時~午後6時 (入館は午後5時30分まで)
会場 パナソニック 汐留ミュージアム(東京都港区東新橋1の5の1、パナソニック東京汐留ビル4階)
入館料 一般1000円、65歳以上900円、大学生700円、中学・高校生500円、小学生以下無料
問い合わせ ハローダイヤル 03・5777・8600
展覧会公式サイト https://panasonic.co.jp/es/museum/  
主催 毎日新聞社、パナソニック 汐留ミュージアム
後援 港区教育委員会
協賛 大伸社

文化のイベント一覧へ


文化