青磁と白磁


 やきものには多様な造形や色彩により生みだされる様式美がありますが、その中でも青磁と白磁は本流的な存在とも言えます。シンプルな単一の色彩であるからこそ、微妙な色調の違いややきものそのものの形をいかに美しく見せるのかが追求されてきました。

 本展では中国陶器を中心にした66点で、時代や地域で少しずつ異なる青磁と白磁の世界観や魅力に迫ります。

青磁洗 中国 南宋時代 龍泉窯
青磁洗 中国 南宋時代 龍泉窯
白磁壺 中国 唐時代 邢窯系
白磁壺 中国 唐時代 邢窯系
開催日 平成30年11月9日(金)~12月24日(月・振替休日)
日時の詳細 月曜休館(12月24日は開館)。開館時間は午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)
会場 出光美術館 門司(北九州市門司区東港町2-3)
料金 一般700(500)円、高大生500(300)円、保護者同伴の中学生以下は無料
  ※( )内は10名以上の団体料金
問い合わせ 出光美術館 門司 093-332-0251
関連リンク 美術館ホームページ
http://s-idemitsu-mm.or.jp/
主催 出光佐三記念美術館、出光美術館、毎日新聞社

文化のイベント一覧へ


文化