特別展「模様を着る」


松坂屋百貨店が呉服デザインを行うために国内外問わず収集した染織品の中から名古屋市博物館に寄贈されたコレクション約240点を展示する。松坂屋はこの染織品を基に図案化し、昭和を代表する呉服を作り出してきた。この課程も分かる資料も展示される。

概要

会期 10月10日~12月6日
会期中の休館日(10月12、19、26、27日、11月2、9、16、24、30日)
開館時間 午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)
会場 名古屋市博物館(名古屋市瑞穂区瑞穂通1の27の1、052・853・2655)
観覧料 大人1300円(1100円)、高大生900円(700円)、小・中学生500円(300円)
※( )内は団体割引
主催 毎日新聞社、名古屋市博物館、日本経済新聞社、テレビ愛知、エフエム愛知

 

菊に八橋模様小袖
菊に八橋模様小袖(部分)=江戸時代中期(名古屋市博物館蔵、松坂屋コレクション)

 

文化のイベント一覧へ

文化