谷村新司プレミアムコンサート 生きる2018


〜小児がんなど病気と闘う子どもたちとともに〜

 1996年に始まった毎日新聞社の小児がん征圧キャンペーン「生きる」。病気と闘う子どもたちを励まし、より多くの人たちにこの病気についての理解を深めてもらおうと、様々なイベントを通して寄付を呼びかけ、集まったお金を小児がんの患者支援団体などに贈っています。「谷村新司 プレミアムコンサート 生きる 〜小児がんなど病気と闘う子どもたちとともに〜」として谷村新司さんを中心にリニューアルして2回目の「生きる」コンサートのゲストは平原綾香さん。息の合った二人の、ここでしか見られないステージにご期待ください!

 なお、会場では「小児がん征圧募金」の募金活動を行い、収益の一部とともに医療機関や患者、家族を支えるボランティア団体などに寄付します。

小児がんとは
一般的に15歳以下で発症するがんのこと。年間約2000人が発症していると推定されている。大人に多い胃がんや肺がんはほとんどなく、血液、骨、筋肉など体の深部に発症しやすい。白血病、脳腫瘍、悪性リンパ腫、神経芽腫などが多い。医療の進歩により現在では7〜8割が治るといわれているが、治療にともなう子どもやその家族の肉体的、精神的、経済的負担は大きく、また療養環境の整備、病気に対する社会の理解促進など、解決すべき課題は多い。

昨年の模様

谷村新司
シンガーソングライター/上海音楽学院名誉教授/東京音楽大学特別招聘教授
71年、堀内孝雄とアリスを結成、72年、矢沢透がアリスに加入、『走っておいで恋人よ』でデビュー。以降、 「冬の稲妻」「チャンピオン」など数々のヒット曲を出し、ソロ・アーティストとしても「いい日旅立ち」 「昴」 「サライ」など、日本のスタンダード・ナンバーともいえる曲を世に送り出す。
88年からの3年間は、ロンドン交響楽団、国立パリ・オペラ座交響楽団、ウィーン交響楽団プロジェクトと共演。81年のアリスの北京コンサートを皮切りに、中国及びアジアでの活動をライフワークとして続け、2004年、上海音楽学院常任教授に就任。現在は東京音楽大学の客員教授としてアジアを中心とした音楽を志す若者の育成に尽力している。13年に第54回毎日芸術賞、第63回 芸術選奨、文部科学大臣賞を受賞。15年、紫綬褒章を受章。17年にはアーティスト活動45周年を迎えた。

 

平原綾香
シンガーソングライター
2003年12月17日にホルストの組曲「惑星」の「木星」に日本語詞をつけた「Jupiter」でデビュー。04年の日本レコード大賞新人賞や05年日本ゴールドディスク大賞特別賞をはじめ、様々な賞を獲得。その後も、数々のドラマや番組で主題歌やテーマソングを歌う。09年「第51回輝く!レコード大賞」で優秀アルバム賞、10年「第1回岩谷時子賞」で奨励賞、11年「平成22年度文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」を受賞。13年、ユニバーサルミュージックに移籍、デビュー10周年を迎えた。
18年にはデビュー15周年を迎え、5月9日に15周年を記念した11枚目のオリジナルアルバム「Dear Music 〜15th Anniversary Album〜」を発売する。4月からはミュージカル「メリー・ポピンズ」でメリー・ポピンズを演じる。6月より全国ツアー「平原綾香 15th Anniversary CONCERT TOUR 2018 〜Dear Music〜」を開催予定。
デビュー以来、シングル31枚、デュエットシングル1枚、カヴァーアルバム、ベスト盤を含む19枚のアルバムを発表。父はサックス奏者の平原まこと、祖父はジャズトランペッターでホットペッパーズの平原勉。

日時 2018年6月25日(月)午後6時30分開演(同6時開場)
会場 Bunkamura オーチャードホール
東京都渋谷区道玄坂2-24-1(渋谷駅から徒歩7分)
料金 全席指定 7,500円(税込)※未就学児不可
一般販売 4月28日から一般販売します。
キョードー東京(0570-550-799)
チケットぴあ(0570-02-9999 Pコード:112-867)
ローソンチケット(0570-084-003 Lコード:71388)
CNガイド(0570-08-9999)
イープラス(http://eplus.jp)
出演 谷村新司、平原綾香(ゲスト)
主催 毎日新聞社
後援 スポーツニッポン新聞社
協賛 王子製紙、協和発酵キリン、東日印刷
制作協力 一般社団法人地球劇場
運営協力 キョードー東京
問い合わせ キョードー東京 0570-550-799※平日/11時〜18時 土日祝/10時〜18時

文化のイベント一覧へ


文化