谷村新司プレミアムコンサート 生きる2020


〜小児がんなど病気と闘う子どもたちとともに〜

公演中止および払い戻しのお知らせ

 1996年に始まった毎日新聞社の小児がん征圧キャンペーン「生きる」。病気と闘う子どもたちを励まし、より多くの人たちにこの病気についての理解を深めてもらおうと、様々なイベントを通して寄付を呼びかけ、集まったお金を小児がんの患者支援団体などに贈っています。病気と闘う子ども達を支援するバトンを、「昴」「いい日旅立ち」「サライ」などのヒット曲で人気の谷村新司さんが引き継ぎ、「谷村新司 プレミアムコンサート 生きる 〜小児がんなど病気と闘う子どもたちとともに〜」としてリニューアルして4度目の夏を迎えます。
 今回のゲストは、夏川りみさんです。谷村さんと夏川さんのここでしか見られないコラボレーションにご期待ください!

 なお、会場では「小児がん征圧募金」の募金活動を行い、収益の一部とともに医療機関をはじめ患者や家族を支えるボランティア団体などに寄付します。

小児がんとは
 一般的に15歳以下で発症するがんのこと。年間約2000人が発症していると推定されている。大人に多い胃がんや肺がんはほとんどなく、血液、骨、筋肉など体の深部に発症しやすい。白血病、脳腫瘍、悪性リンパ腫、神経芽腫などが多い。医療の進歩により現在では7〜8割が治るといわれているが、治療にともなう子どもやその家族の肉体的、精神的、経済的負担は大きく、また療養環境の整備、病気に対する社会の理解促進など、解決すべき課題は多い。

昨年の模様

谷村 新司(たにむら しんじ)
大阪府出身。シンガーソングライター。1971年、堀内孝雄とアリスを結成、72年に矢沢透が加入し「走っておいで恋人よ」でデビュー。以降、「冬の稲妻」「チャンピオン」等数多くのヒット曲を出し、ソロアーティストとしても「昴」「いい日旅立ち」など、日本のスタンダードナンバーとも言える曲の数々を世に送り出す。2013年に毎日芸術賞、芸術選奨文部科学大臣賞、15年に紫綬褒章を受章。17年にはアーティスト活動45周年を迎えた。上海音楽学院常任教授、東京音楽大学特別招聘(しょうへい)教授として音楽を志す若者の育成にも尽力している。昨年は、6年振りにアリスとしての活動を再始動し全国ツアーを行った。20年5月から 全国ソロツアーがスタートする。
■谷村新司オフィシャルHP http://www.tanimura.com/

 

夏川 りみ(なつかわ りみ)
沖縄県石垣市出身。歌手。99年、夏川りみとしてシングル「夕映えにゆれて」でデビュー。01年、3rdシングル「涙そうそう」が大ヒット、116週連続チャートイン。翌年、紅白歌合戦に初出場し、以降5年連続出場。03年「童神」で第45回日本レコード大賞金賞受賞、04年「愛よ愛よ」で第46回日本レコード大賞最優秀歌唱賞受賞。その後、海外アーティストのアルバムへの参加や台湾、香港、上海、シンガポール、ハノイなどで公演を行い、アジアでの人気が高まる。18年11月、初の南米ツアー(ブラジル、ペルー)公演を開催、3日間で5000名を動員した。19年9月、デビュー20周年ツアーを全国26か所で開催。同10月、初の中国大陸ツアー開催(北京、杭州、南京ほか)。同12月、5年振りとなるオリジナルアルバム「美らさ愛さ」が日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。その歌声は沖縄からアジアのみならず、世界へと広がっている。
■夏川りみオフィシャルHP http://www.rimirimi.jp/

日時 2020年7月10日(金)午後6時30分開演(同6時開場)
会場 Bunkamura オーチャードホール
東京都渋谷区道玄坂2-24-1(渋谷駅から徒歩7分)
料金 全席指定 7,800円(税込)※未就学児不可
出演 谷村新司、夏川りみ(ゲスト)
一般販売 2020年4月25日(土)午前10時
キョードー東京 0570-550-799(平日/11時〜18時、土日祝/10時〜18時)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:181-712)
ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:72325)
CNプレイガイド 0570-08-9999
イープラス http://eplus.jp
Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(10時〜17時半)

【毎日新聞読者先行】
4月10日(金)12:00〜4月16日(木)23:59
https://eplus.jp/tanimura/ikiru/np/

主催 毎日新聞社
制作協力 一般社団法人地球劇場
運営協力 キョードー東京
問い合わせ キョードー東京 0570-550-799(平日/11時〜18時、土日祝/10時〜18時)

文化のイベント一覧へ

文化