私のアイアイメッセージコンテスト


二宮中・嘉屋さんに賞状 学校賞も

学校の部活や委員会などで頑張る仲間にメッセージを贈る第5回「私のアイアイメッセージコンテスト」(毎日新聞社主催、文部科学省、公益社団法人日本眼科医会、公益財団法人日本学校保健会後援、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケアカンパニー特別協賛)の表彰伝達式が15日、二宮町二宮の町立二宮中(作田雅弘校長)で行われた。

全国1万1442点の応募作から「アキュビュー賞」を受賞した同中3年の嘉屋(かや)光希さん(15)に賞状と副賞が手渡された。同中は優秀な作品を数多く寄せたとして、学校賞も受賞。生徒会長の中村晃盛(こうせい)さん(15)が賞状を受け取った。

嘉屋さんの作品は、バスケットボール部で一緒に頑張ってきた「ゆずちゃん」こと譲原育吹(ゆずりはらいぶき)さんに宛てたメッセージ。3年最後の試合の後、手術をすることになり、「チームになくてはならない存在だよ」「きっと手術なんて乗り越えられると思う」と、力強いエールを送った。

手術は無事に成功。嘉屋さんは「本当にうれしかった。普段言えないことを文章に書くのは難しいが、自分の気持ちを表に出すとスッとするし、相手に気持ちを届ける喜びも大きい」と話した。譲原さんは「驚いたけれど、うれしかった。3年間仲良くやれてよかった」と、笑顔で語った。【五十嵐英美】

受賞者
「アキュビュー賞」を受賞した二宮町立二宮中3年の嘉屋光希さん(左)と、学校賞を受け取った生徒会長の中村晃盛さん=二宮町二宮の二宮中学校で

2016年11月17日 毎日新聞地方版

教育のイベント一覧へ


教育