企画趣旨


毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社・毎日新聞出版は、平成という時代を後世に残すため、広く国民から平成年間の写真を募集する「1億人の平成史」プロジェクトを始めます。

平成は天皇陛下の即位された西暦1989年1月から始まり、退位特例法の成立・施行によって、2020年までに終わります。日本の歴史に元号は約250ありましたが、平成の約30年という期間は、昭和、明治、一世一元制になる前の応永(室町時代)に次ぐ、史上4番目に長いものです。短いようで長かった日本のこの一時代を振り返り、変わったものと変わらなかったもの、政治・経済・社会・文化の特色、人びとの生活の喜びと苦闘を、永久に記録に残したいと思います。

平成元(1989)年に、海外ではベルリンの壁が崩壊しました。平成年間は、戦後体制が構造変化した冷戦後の世界と重なります。平成元年ごろに日本のインターネットの基礎が整い、平成7年のウィンドウズ95発売で爆発的に普及しました。同じ平成元年ごろ、「J-POP」という概念が生まれたのは、外国文化の模倣を脱した、新たな「国風文化」と呼ばれる平成文化の始まりを告げるものだったでしょうか。やがて日本発祥のマンガやアニメやゲームなどが世界を席巻していきました。

平成年間に我々は、阪神大震災と東日本大震災という二つの大きな災禍を含め、さまざまな試練も経験しました。グローバリズムと格差の問題も浮き彫りになりました。政界でも経済界でも、昭和の終わりに想像できなかった出来事が次々に起こりました。平成は、昭和とははっきり違う時代となりました。その「個性」を見極めたいというのもこのプロジェクトの大きな目標です。

「1億人の平成史」というプロジェクト名は、昭和50(1975)年、毎日新聞社から発売開始されたムック「一億人の昭和史」シリーズにちなみます。毎日新聞社のアーカイブと読者からの投稿で制作されたこのシリーズは爆発的反響を呼び、累計約1,900万部を記録しました。「1億人の平成史」も、読者と共に歴史を書き残すという、その精神を継承します。表題の「一億人」は、昭和45(1970)年ごろに達した日本人口の大台でしたが、それと共に、日本列島のあらゆる階層、あらゆる地域、あらゆる境遇の人びとの記録を残そうという意欲を表していました。その精神も継承します。

日本の人口について言えば、ご承知のとおり平成20(2008)年の1億2800万人をピークとして、減少に転じています。このままでは2050年前後に1億人を割るとも言われます。平成は、この日本列島に史上最も多くの人を乗せた時代でもありました。

また、平成は、上記の通り、IT(情報技術)やスマホの普及で、個人が写真・映像記録を残しやすくなった時代です。インターネットの普及や、サブカルチャーの隆盛により、新聞などを含むマスメディアが捉えきれない文化事象が生まれたのも平成です。新聞社のアーカイブだけでは記録として不十分かもしれません。そのようなことも、広く皆様に資料提供を呼びかける理由になっています。

お寄せいただいた写真のうち、特に平成を象徴すると認定したものは、順次、このウェブサイトで発表していきます。著作権者の承諾が得られた場合は、現存する日本最古の新聞であり、国内最大級の規模の写真資料を擁する毎日新聞社のアーカイブに登録し、半永久的に国民が利用できるようにします。また、特に優れたものは毎日新聞出版から平成30(2018)年に発売予定の書籍『1億人の平成史』に収録、また、一部は毎日新聞とスポーツニッポン紙面でも紹介していきます。

以下の募集要項をご覧いただき、ぜひこの「1億人の平成史」プロジェクトに参加いただきたく、お願い申し上げます。

平成29(2017)年9月4日

毎日新聞社
スポーツニッポン新聞社
毎日新聞出版

募集要項


・平成への改元前後以降に撮影され、平成という時代を特に象徴すると思われる写真を募集します。
 <例1>平成の大事件に偶然遭遇したときの写真
 <例2>平成初期の「バブル」を象徴するような写真
下に記した「写真リクエスト」もご参照ください。

・写真は、投稿者自身、またはその近親の方が撮影したもので、権利関係がはっきりしたものに限ります。

・写真の著作権は撮影者または所有者に帰属します。毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社・毎日新聞出版は使用権のみを行使します。

・デジタル写真の投稿は、別にある投稿フォームからお願いします。

・紙焼き写真は以下にお送りください。返却はできませんので、必ず複写を取ってください。
 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館5階
 毎日新聞出版 平成史編集室 写真係

・応募のさいは、以下を明記してください。

(1)写真説明文(何が映っているか、50字程度) (2)撮影日時 (3)撮影場所 (4)撮影者名 (5)送った方の氏名 (6)送った方の連絡先(電話番号) (7)ウェブ等で発表するさいの名前(実名か、匿名か) (8)備考として、掲載時に加工(プライバシー保護などの)が必要な場合は、それをご指示ください

・オリジナルは紙焼きで、それをスマホ等で撮影したもののデジタル投稿も可能です。その場合は、内容によって、改めて紙焼きを送っていただくかもしれません。

・他の企画との二重投稿は禁止します。

・トリミングして掲載する場合もありますので、ご了承ください。

・加工されていない写真に限ります。プライバシー保護などの目的で掲載時に加工が必要な場合は備考として書き添えてください(編集部で加工します)。

・投稿締め切りは平成30(2018)年1月31日です。




<写真リクエスト>

平成史編集室から

・喫煙規制が緩かった頃を象徴する写真。オフィスや飛行機内での喫煙など
・バブル期を象徴する写真で平成以降のもの
・平成サブカルチャー草創期の写真や秋葉原の移り変わりなど
・平成期に閉じた有名店、有名企業、遊園地、テーマパークなどの写真
・オウム真理教事件などの大事件に関連した未発表写真
・お台場や新宿南口などの変化が分かる写真

事務局・問い合わせ先
毎日新聞出版 平成史編集室
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17 千代田会館5階