読むチカラ、知る楽しさは最高のプレゼント

※毎日小学生新聞は、北海道では「北海道小学生新聞」として発行されています。

冬休み期間中の12/21から1/31まで毎日届き、
 「毎小ニュース日記」が付録について42日間で 2,200円(税込み) 冬休み期間中の12/21から1/31まで毎日届き、
 「毎小ニュース日記」が付録について42日間で 2,200円(税込み) 購読お申し込みはこちら

北海道小学生新聞もこちらから申込みできます。

年末・年始のお楽しみコンテンツ

お正月すごろく

お正月すごろく

毎年大好評!新年には家族で楽しめる五月女ケイ子さんのすごろくが登場します。2022年はどんな すごろくかな?

※画像は今年のものです。

毎年大好評!新年には家族で楽しめる五月女ケイ子さんのすごろくが登場します。2022年はどんな すごろくかな?

※画像は今年のものです。

お年玉プレゼント

お年玉プレゼント

お年玉企画では、豪華なプレゼントが当たります。内容は紙面を見てのお楽しみ!乞うご期待!

※画像は今年の一例です。

お年玉企画では、豪華なプレゼントが当たります。内容は紙面を見てのお楽しみ!乞うご期待!

※画像は今年の一例です。

1年のニュース振り返り

1年のニュース振り返り

年末恒例、この1年に起きた主なニュースを政治、経済、国際、科学などのテーマで振り返ります。小学生が知っておくべき重要なニュースを編集部が厳選。中学受験対策にもぴったりです。

※画像は昨年の「ニュース振り返り」の紙面です。

年末恒例、この1年に起きた主なニュースを政治、経済、国際、科学などのテーマで振り返ります。小学生が知っておくべき重要なニュースを編集部が厳選。中学受験対策にもぴったりです。

※画像は昨年の「ニュース振り返り」の紙面です。

新規お申し込み特典

毎小ニュース日記

毎小ニュース日記

キャンペーンの付録は、楽しみながら記事のスクラップができる「毎小ニュース日記」。 お子さまが新聞を読む毎日の習慣づけに役立ちます。

キャンペーンの付録は、楽しみながら記事のスクラップができる「毎小ニュース日記」。 お子さまが新聞を読む毎日の習慣づけに役立ちます。

こんなお悩みにお応えいたします

毎日小学生新聞は、良いところがいっぱい!

全ての漢字にふりがなつきで低学年から読めます。難しいニュースも図や写真でわかりやすく解説。  新聞の大きさも子どもが読みやすいタブロイドサイズ(通常の新聞の半分)で、手に取りやすく読むことが自然と身につきます

水曜日の「知りたいんジャー」は、大人が話している難しい話を、楽しくわかりやすく説明してくれているのでよく読みます。
(東京、小6)

時事に応じて取り上げるテーマは無限大。人の生き方や考え方、哲学なども扱っています。今年の夏の読者アンケート調査では93%が「興味・関心が広がった」と答えています。
 もちろん大好きなテーマを深掘りすることも。毎小でどんどん好きなことを見つけよう!

「哲学カフェ」のコーナーが好き。他の人の視点や考え方を知るきっかけになり、自分の中の視野が広がるからです。
(神奈川、小5)

毎日届いて読みきれるかな?
そんな心配はありませんか?
実は毎日届く方が子どもの興味関心が続きます。購読者中8割以上のお子さまが毎日読んでいることが調査からわかっています。
毎日5分だけでも読むと、その積み重ねで読解力もUP!3人に2人が「読解力があがった」と実感!

1面記事を毎日読みます。トイレに毎小をかける場所があるので毎朝家族全員が目を通します。
(滋賀、小5)

楽しく読み続けられるコンテンツが毎日お手元に届きます

松丸亮吾さん

松丸亮吾さん 「週末ひらめきラボ」

謎解きブームの仕掛け人で、お子さんに大人気の松丸亮吾さんが、毎週楽しい「ナゾトキ」を出題します。毎週金曜日(一部地域土曜日)

謎解きブームの仕掛け人で、お子さんに大人気の松丸亮吾さんが、毎週楽しい「ナゾトキ」を出題します。毎週金曜日(一部地域土曜日)

辻村深月さん

辻村深月さん 「あなたの言葉を」

居場所を失った中学生たちの希望を、温かな筆致で描いた小説「かがみの孤城」などで知られる人気作家・辻村深月さんが、自身の経験などを交えながら子どもたちをめぐる言葉について考えます。毎月第1日曜日(一部地域月曜日)

居場所を失った中学生たちの希望を、温かな筆致で描いた小説「かがみの孤城」などで知られる人気作家・辻村深月さんが、自身の経験などを交えながら子どもたちをめぐる言葉について考えます。毎月第1日曜日(一部地域月曜日)

池上彰さん 「教えて! 池上さん」

池上彰さん 「教えて! 池上さん」

分かりやすい解説でおなじみのジャーナリスト・池上彰さんが、国内外のニュースを小学生の目線に立ってひもときます。変化の早い時代を切り取った最新の時事解説に、親子で納得できます。毎月第4日曜日(一部地域月曜日)

分かりやすい解説でおなじみのジャーナリスト・池上彰さんが、国内外のニュースを小学生の目線に立ってひもときます。変化の早い時代を切り取った最新の時事解説に、親子で納得できます。毎月第4日曜日(一部地域月曜日)

ダンダン

「ダンダンとニーハオ中国語」

中国・天津市出身の「ダンダン」こと段文凝さんといっしょに、やさしい中国語を学びます。QRコードをつかって、発音も聞けますよ。毎週土曜日(一部地域日曜日)

中国・天津市出身の「ダンダン」こと段文凝さんといっしょに、やさしい中国語を学びます。QRコードをつかって、発音も聞けますよ。毎週土曜日(一部地域日曜日)

論語くん

論語くん

読者の人気ナンバー1コンテンツ。
中国の古典「論語」を一日一話、笑いながら学びます。月曜日から金曜日(一部地域火曜日から土曜日)の毎日掲載

読者の人気ナンバー1コンテンツ。
中国の古典「論語」を一日一話、笑いながら学びます。月曜日から金曜日(一部地域火曜日から土曜日)の毎日掲載

毎小は間もなく

毎小は創刊85周年

毎日小学生新聞は今年12月22日に創刊85周年を迎えます。
現存する小学生新聞では、もっとも長い歴史を誇り、昭和、平成、令和と3世代にわたって読み継がれてきました。壷井栄、サトウハチロー、井伏鱒二さんら大物作家が次々に連載小説を執筆。また、若手だった手塚治虫、石ノ森章太郎、藤子不二雄さんら漫画家の活躍の場でもありました。創刊日には、特別紙面を掲載します。記念イベントも計画中です。

毎日小学生新聞は今年12月22日に創刊85周年を迎えます。
現存する小学生新聞では、もっとも長い歴史を誇り、昭和、平成、令和と3世代にわたって読み継がれてきました。壷井栄、サトウハチロー、井伏鱒二さんら大物作家が次々に連載小説を執筆。また、若手だった手塚治虫、石ノ森章太郎、藤子不二雄さんら漫画家の活躍の場でもありました。創刊日には、特別紙面を掲載します。記念イベントも計画中です。

毎日小学生新聞の1週間

新年に向けて、新たなチャレンジ!
毎日小学生新聞をはじめてみませんか?

オンラインイベントも定期的に開催中!

編集部ツアー、世界の料理、工場見学など体験学習にも力を入れています!

毎小ワールドキッチン シリーズ