最新アルツハイマー病研究

新井平伊編著 4000円+税(ワールドプランニング)

 サブタイトルに「病態解明から痴呆薬開発まで」とあり、編著者の順天堂大学医学部精神医学教室教授は、「医学部、看護学部、介護・福祉学部はいうに及ばず理学部に至る広い領域の比較的若い研究者や学生諸君が、アルツハイマー病研究の全体像を偏ることなく理解できることを願った」と言う。「アルツハイマー病の病態」「形態学的観点から」「生化学的観点から」「遺伝学的観点から」「臨床的観点から」「関連疾患:他の初老期痴呆」の6章を、同教室・神経生物学研究グループが執筆。

2001年 財団報「新時代 New Way of Life」より