あなたは老後、誰と、どこで暮らしますか

佐橋慶女編 505円+税(文春文庫)

 中高年からの自立、自助の暮らしを提唱する団体「オパール・ネットワーク」が「老後、誰と、どこで暮らすか」をテーマに募集した400字エッセーから196編を掲載。65歳のアパート経営者は、「老人の助け合いの場としてアパートを提供、新しい老人社会を築きたい」と思う。69歳の元国鉄マンは、「周囲の善意が重苦しい。財産を処分し、医療完備の老人ホームに入りたい」と考える。196通りの行き方に同団体主宰者の編者は「どの生き方指南書よりも、生き方の手本になる」と信じる。

2001年 財団報「新時代 New Way of Life」より