学習療法の秘密ー認知症に挑む

くもん学習療法センター・山崎律美著、1000円+税(くもん出版)

 「ぼけたくない」「認知症になりたくない」-そんな思いから高齢者の頭の体操が流行っている。「音読」と「計算」を中心とする教材を使い、高齢者と学習支援スタッフがコミュニケーションをとりながら楽しく学ぶ学習療法。子どもたちに「計算」や「漢字の書き取り」などを教える公文式学習のノウハウを高齢者の脳の活性化につなげたのが、学習療法である。この療法の実践によって認知症高齢者の症状の維持・改善に効果が見られたという。本書では、脳の基礎知識から学習療法の実践方法と成功のポイント、さらに学習療法を通じて認知症に立ち向かった人たちの記録などが詳しく紹介されている。

2007年 財団報「新時代 New Way of Life」より