死なないで!殺さないで!生きよう!-いま、介護でいちばんつらいあなたへ

社団法人認知症の人と家族の会編、1500円+税(クリエイツかもがわ)

 「首に手をかけた」「崖(がけ)から突き落とそうと思った」「包丁を手にした」……。つらい介護体験の中で、こうした思いを一度は味わった介護者も多いだろう。それほど介護は、悲惨でつらいものであることは、最近の新聞、テレビをにぎわしている介護殺人や無理心中の多発ぶりを見れば明らかだ。本書は、介護の苦しさから一度は相手を殺そうとした介護家族が、なぜ思いとどまったのかを赤裸々に語り、今、極限状態にある介護家族たちに「苦しくても死なないで」と呼びかける渾身(こんしん)のメッセージ集である。介護殺人や介護心中が多発する中、同じ体験をした介護家族52人のの切実な声を届けることによって、1人でも多くの人に思いとどまってもらう願いが込められている。

財団報「新時代 New Way of Life」59号より