あなたの大切な人を寝たきりにさせないための介護の基本

社会福祉法人 協同福祉会編 1800円+税 クリエイツかもがわ

 悪臭・異臭、紙オムツ……。こんな施設のなんと多いことか。介護施設は「生活の場」なのに、人間の尊厳がないがしろにされた施設は依然、減っていないようだ。そんな中で、奈良県の特別養護老人ホーム「あすなら苑」の10の基本ケアが注目されている。(1)換気をする(2)床に足をつけてイスに座る(3)トイレに座る(4)あたたかい食事をする(5)家庭浴に入る(6)座って会話をする(7)町内にお出かけする(8)夢中になれることをする(9)ケア会議をする(10)ターミナルケアをする--の10項目だ。どれも、当たり前の考え方や技術のようにも思えるが、実践するとなると、結構難しい。あすなら苑は開設から10年。その経験と蓄積を踏まえ、「臨機応変」「創意工夫」を旗印に取り組んできたのが「10の基本ケア」である。今、苑内には悪臭・異臭はなく、オムツをしている人もいない。最後までその人らしくケアするために必要な介護の基本が本書に詰まっている。

財団報「新時代 New Way of Life」60号より