VIPSですすめるパーソン・センタード・ケア

ドーン・ブルッカー著/2200円+税/クリエイツかもがわ

 書名はとっつきにくいが、介護現場で働くケアワーカーらに分かりやすい説明を心がけている。

 ケアの真髄は(1)ケアを受ける人の存在自体に価値を認める(2)独自性を尊重する(3)その人の視点で世界を見る(4)認知症の人を支える社会的環境を提供する--とし、この4要素(VIPS)を掲げて解説。著者はこのケアを提唱したトム・キットウッドの思想を継承する英国の認知症ケア実践研究者。

 認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長の長谷川和夫氏は「ケアの日常業務の中で、ふとしたことから意識しないでオールドカルチャー的な介護者の視点でケアを進めがちな私たちの姿勢をただし、介護を受ける利用者の尊厳性を常に中心におく理念を教えている」と推薦している。

財団報「新時代 New Way of Life」64号より