よくわかる認知症Q&A

遠藤英俊著/1400円+税/中央法規

 認知症に関する様々な問いに原則見開き2ページで回答する読者目線で編集されたガイドブック。家族や介護従事者が認知症を学ぶ最初の本としてお勧め。

 認知症になっても住み慣れた自宅で暮らし続けるためには、本人や家族、周囲の人が正しい知識を持つことが大切という理念をもとに編集されている。

 たとえば「本人が病院に行きたがりません」「告知の方法は」と身近な質問が並ぶ。

 「認知症の人と接するときの基本を教えてください」という問いには「記憶力などに障害があっても、感情や心をなくしたわけではありません」とし、本人の思いに添って接するよう助言する。

 「医師から胃ろうを選ぶよう迫られた」との問いには慎重な判断が必要と答えるなど最近の話題にも目配りしている。