若年認知症の人の“仕事の場づくり”Q&A−−「支援の空白期間」に挑む

藤本直規・奥村典子編著/1800円+税/クリエイツかもがわ(075・661・5741)

 「もの忘れカフェ」など常に新しい場所や仕組みを作って提唱してきたコンビによる最新の実践の書。書名の通り、まだまだ活躍できる若年認知症の人たちが極めて少ない活躍の場を求めて、介護保険が利用できるまでの“空白期間”に挑む姿をQ&A方式で分かりやすく説明している。

 「もの忘れカフェ」がデイサービスなのに対し、「仕事の場」は納期があるれっきとした“ビジネス”。理想通りになかなかうまく行かない現実を支えてくれたのは高齢者や家族ら地域の人たちだ。この仕組みづくりに集まった人たちは、人は一方的に支え、支えられるのではなく、お互いさまという共通の思いを分かち合っている。本の中で紹介される配当を手にしたときの「満面の笑み」。これがすべてを言い表している。