認知症ケアの自我心理学入門 自我を支える対応法

ジェーン・キャッシュ、ビルギッタ・サンデル著、訓覇(くるべ)法子訳/2000円+税
クリエイツかもがわ(075・661・5741)

 書名を見ると「なんだか難しそう」と引いてしまうかもしれないが、「娘が介護する母親」「夫を介護する妻」の二つのケースを中心に認知症ケアの奥義が具体的に紹介されている。

 認知症の人や家族から提供された経験に基づいているので、手引が具体的で分かりやすく、さらに体系性をもった理論に照らしながら練り上げられている点も貴重だ。百科事典のように使って良し、読みたいところから読み進めても構わないし、学習会のテキストとしても最適という。また老いに向かう人が心身に表れる機能の衰えにどう向き合い、どう受け止めれば老いの準備としてふさわしいかを考える本にもなっている。