認知症の私からあなたへ 20のメッセージ

佐藤雅彦著/1200円+税/大月書店(03・3813・4651)

 51歳でアルツハイマー病と診断されながら知恵と工夫で10年近く一人暮らしを続けた著者による生きる哲学の詰まったメッセージ。

 何もできない人、という社会の偏見に苦しみながら、IT機器の力に気付いた著者は、オンラインのカレンダーで予定を管理し、約束を忘れないよう携帯のアラームをセットしておく。お陰で記憶が消えていくことへの不安は減り、「記憶が消えても、記録は残る」と話す。あるいは買い物の際に家にあるものを買わないよう「買ってはいけない物リスト」を用意する。「困りごとは知恵と工夫で乗り切れる」というわけだ。

 不安を一つ一つ取り除いて得た自信を胸に発信するメッセージは20。自らの歩みをオープンにしながら「世の中に役立つことを続けたい」と前向きだ。