増える映画、TVドラマ

■認知症の人を描いているその他の作品■

「毎日がアルツハイマー」(関口祐加監督)

 認知症と診断された自分の母親を撮ったドキュメンタリー映画で初夏に公開予定。母親のユニークな言動を「可愛い」「面白い」と前向きにとらえる感性が作品の原動力になっている。

「イ・サン」(イ・ビョンフン監督)

 NHK総合テレビで放送中の韓国ドラマ。18世紀後半、政争渦巻く中、王が認知症になる。王は自らの認知症を疑い、信頼する部下に自分の全ての行動を記録させ、記憶力を維持しようと地名のクイズを出させる。認知症の人の心理と行動を描いている娯楽時代劇。

◇DVDが一部発売されている作品◇

「黄金花-秘すれば花、死すれば蝶-」(木村威夫監督、08年)
「殯の森」(河瀨直美監督、07年)
「明日の記憶」(堤幸彦監督、06年)
「わらびのこう 蕨野行」(恩地日出夫監督、03年)
「アイリス(Iris)」(リチャード・エアー監督、01年)
「折り梅」(松井久子監督、01年)
「ホーム・スイートホーム」(栗山富夫監督、00年)

2012年3月