「認知症予防に役立てて」 「ひまわりのたね」が寄附

 東京都文京区議会議員、えびさわけいこさんの後援会有志からなる「ひまわりのたね」が「認知症の予防に役立ててほしい」と3万5000円を公益財団法人認知症予防財団に寄付した=写真。同会の会合で会員から寄せられたチャリティー募金で、今年で6年連続6回目。

 えびさわさんは父親の7年間に及ぶ介護体験から、「認知症サポーター養成講座」を作り、議会でも一貫して認知症対策を訴えるなど認知症問題に積極的に関わっている。また認知症の人や家族の姿を描いた映画の上映会やセミナーを開催するなど、認知症を身近に考える企画を毎年のように行っている。

 寄せられた募金は、認知症予防の研究や介護する家族を支えるさまざまな事業に使わせていただく予定。

2014年3月