認知症シンポ報告書も

 認知症予防シンポジウムの2014年度報告書「認知症と向き合う」が好評発売中で、全国から購入の申し込みが相次いでいる。サブタイトルに「アルツハイマーと映画」とあるように、昨年10月、高知シンポジウム会場で特別上映された関口祐加監督の「毎日がアルツハイマー2」のナレーションを含む全文を起こしたスクリプトや、作品を医学監修した順天堂大学大学院の新井平伊教授と監督との爆笑トークまで一字一句欠かさず盛り込み、映画のストーリーを楽しみつつ認知症のありのままを理解する内容に仕上がった。

 また映画に登場する映像写真を中心に計60枚の写真やイラストがほぼ各ページに掲載され、本を求めた読者からは「いい仕事をされましたね」「認知症の人が描かれる映画に関心があります。本を読んで勉強し、仲間と一緒に他の作品も見てみたい」という感想も寄せられている。

 1部1000円(税込み)。問い合わせは本財団(電話03・3216・4409)へ。

2015年4月