脳のチカラカレンダー2017年版

 1日に1回、脳を刺激する質問に答え毎日を快適に過ごそうという利用者が多い「脳のチカラカレンダー」の2017年版が完成した=写真(1月)。

 今日の日付のマスの中に「今まで何回引っ越ししてる?」「初めて買ったレコードの名前は?」などの問いが日替わりで書かれている。

 「7時45分のとき短い針はどこを指している?」と時計の長短針の形をイメージさせたり、「じゅう÷に×ろく=?」と平仮名で書かれ一瞬迷いそうな計算式を聞く定番の問いもあるが、3年目の2017年版には新シリーズも続々登場。たとえば「知らない人が分かるように『プリン』を説明してください」という説明編や、「もしも毛ガニを飼っていたら、なんて名前をつける?」というペットの名前編、あるいは「親に買ってもらって一番うれしかったものは?」と回想させる一番うれしかった編など多彩な質問がそろっている。

 説明編は簡単に見えるが、時々「あやとり」や「鬼ごっこ」など説明に詰まる難問も交じっていて、立ち往生するかもしれない。逆に「最後にロールキャベツを食べたのはいつ?」「おとといの昼ごはん、何だった?」など食べ物に関連する問いには自信を持つ人もいそうだ。

 「テレビに映ったことある?」や「有名人のサインを持ってる?」などちょっと自慢話をしたくなるような設問も用意されていて、思い出を大いに刺激するかもしれない。

 11月1日発売で電話予約受け付け中。A5判1000円(税込み)とA4判1500円(同)の2タイプで、いずれも壁掛けなど展開時は倍の大きさになる。2冊以上の購入は送料無料。ただし別途宅配便の代引き手数料324円がかかる。問い合わせは望月印刷(さいたま市)電話048・840・2111。

2016年10月