2021年 第30回展開催 〜書で世界と交流〜

多くの応募ありがとうございました

第30回展の審査終了 成績は11月下旬に発表予定

 第30回展の審査は予定通り10月8日(金)~10日(日)の3日間、大阪市北区の毎日新聞大阪本社などで実施され、入賞・入選作を決定しました。
 昨年に引き続き新型コロナウイルス感染拡大のために休校になったり、部活動ができなかったりと創作活動に支障が出かねない状況が9月になっても続き、9月15日の作品受付終了に間に合わせるのが大変厳しい事態となりました。
 にもかかわらず、応募総数は1万1368点(国内1万1052点、海外316点)と前年度と、ほぼ同じ数の作品が寄せられました。
 審査は2日間の地区審査で全国10地区から入賞候補200点と入選1800点を選びました。最終日には入賞候補200点から文部科学大臣賞をはじめ、各賞を決めた審査が行われました。また、海外部門も外務大臣賞をはじめとする各入賞、入選作が決まりました。
 個人賞の成績をもとに各地区の優勝校、準優勝校が決定。各地区優勝校から全国優勝校1校と準優勝校2校が決定しました。
 応募していただいた各団体に成績を通知するなど手続きがあるため、成績の正式発表は11月下旬になる見込みです。今しばらく、お待ちください。

指導者表彰について

 30回記念として実施しております指導者表彰の応募は引き続き受け付けております。詳しくはページ上部の「指導者表彰」をご覧ください。
 すでに指導の立場から退かれた方に心当たりがありましたら、ご本人に連絡していただければ幸いです。自薦のみの受付となっておりますので、お声掛けをしていただければと思います。

 2021年10月
毎 日 新 聞 社
毎 日 書 道 会
▽中文▽English