主な事業/国内の福祉事業/配食サービス車贈呈事業

配食サービス車「毎日ふれあい号」贈呈先募集

昨年度の贈呈車両

昨年度の贈呈車両

 毎日新聞大阪社会事業団は、お年寄りや障害のある方に食事を届ける配食サービス車「毎日ふれあい号」を、ボランティア団体や事業者に贈呈します。軽ワゴンの特別仕様車で最大32食の積載が可能です。

 希望理由を明記し(書式は自由)、事業内容が分かる資料を添えて、
  〒530-8251(住所不要)毎日新聞大阪社会事業団(TEL:06・6346・1180)へ。
締め切りは2022年5月13日(金)必着。審査のうえ、1団体を選定します。

▽配食車贈呈事業実施要項PDFはコチラ

2021年度は富山県氷見市の「萬葉の杜福祉会」に贈呈

記念キーを受け取る、社会福祉法人 萬葉の杜福祉会の職員ら

記念キーを受け取る、社会福祉法人「萬葉の杜福祉会」の職員ら

 毎日新聞大阪社会事業団は2021年10月22日、富山県氷見市の「社会福祉法人 萬葉の杜福祉会」に配食サービス車1台を贈呈しました。同事業団は1999年から、地域の高齢者や障害者を対象に配食サービス事業に取り組むボランティア団体などに配食車両を贈呈しており、今回で35台目

 同法人は2002年設立。氷見市から「ひとり暮らし高齢者等安否確認事業」の一環として04年から配食サービスを受託。スタッフ約15人が調理や配達を分担し、毎日約100食を届けています。

 この日は法人が運営する「ケアハウス万葉の杜」前で贈呈式があり事業団の和田堅吾常務理事より同法人の松谷三和理事長に記念のキーが贈られました。車両はダイハツの軽ワゴン車を改造した特別仕様で24食を積むことができます。松谷理事長は「とてもうれしい。『毎日ふれあい号』の名前の通り日々のふれあいを大切にして事業展開をしたい」と話していました。【高田房二郎】

▽歴代贈呈先一覧PDFはコチラ