主な事業/国内の福祉事業/こどもたちの事業

「施設児童就職予定者研修会」開く

99人に「祝い金」贈呈

「就職祝い金」を受け取る代表者

「就職祝い金」を受け取る代表者

 今春、大阪府内の児童福祉施設から独り立ちする生徒を対象にした「施設児童就職予定者研修会」(大阪児童福祉事業協会アフターケア事業部、大阪府社会福祉協議会児童施設部会、毎日新聞大阪社会事業団主催)が2019年2月10日、大阪市天王寺区のシェラトン都ホテル大阪で開かれました。

 昨年7月から身だしなみやビジネスマナーをはじめ、毎日放送アナウンサーによる話し方セミナー、金融・法律の必要な知識などを学ぶ「自立生活技術講習会」を13回にわたり実施しました。その最終回に今までの講習会を振り返り、施設出身の先輩の体験談や同ホテル講師からテーブルマナーの指導を受け、府警音楽隊が演奏で門出を祝いました。

 毎日新聞大阪社会事業団は、1人1万円の「就職祝い金」を全就職予定者99人に贈呈。協力団体、企業からも祝い品が贈られ、生徒たちを激励しました。【島田和也】