イベント

新聞記者を目指す学生におススメ

毎日新聞記者と語る会

11月14日(火)18時〜 毎日新聞社

 新聞社に出かけていって現役の記者と熱い議論を交わすイベントです。

 創出版の『マスコミ就職読本』編集部と毎日新聞社が主催します。単に仕事の説明を聞くだけではなく、参加者からも活発な質問や意見を出してもらい、熱い議論が展開される点が特徴です。

 報道と人権の問題、現場取材でどんなことに注意しているか、現場の記者たちはどんな悩みを抱えているのか。普段はなかなか聞けない記者の本音に触れ、直接議論し合います。

 参加費は無料です。奮ってご参加ください。

日時 2017年11月14日(火)18時開会(17時半開場、20時閉会予定)
場所 毎日新聞東京本社地下1階「毎日ホール」
(東京メトロ東西線「竹橋駅」下車 徒歩1分)
定員 150名 入場無料
出席する毎日新聞記者 小国 綾子(統合デジタル取材センター、90年入社)
山崎 友記子(医療福祉部、91年入社)
平地 修(経済部、92年入社)
篠原 成行(社会部、96年入社)
堀山 明子(外信部、91年入社)
松尾 良(政治部、96年入社)
参加方法 希望者は「マスコミ就職読本WEB版」の下記予約フォームにお名前などを記入ください。資料作成などで参加者数を把握するためです。個人情報は他の目的には使わず、管理も厳密に行います。

「毎日新聞記者と語る会」受講申込フォームはこちら