魅力発見 1day program
実践「校閲記者入門」

募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 新聞社の情報は正しくなければなりません。「分かりやすく、正確な紙面」にする、いわば新聞の「品質管理部門」を担うのが校閲記者です。「最後の編集者であり、最初の読者」として日々、活躍しています。

 赤ペンをにぎり、一文字一文字読み続ける。そんな縁の下の力持ちと思われがちな校閲記者ですが、毎日新聞社の校閲記者の活躍の場は紙面の裏にとどまりません。公式サイト「毎日ことば」やブログ、本の出版などで前面に出ています。そんな校閲記者の1日を体験しませんか。

対象条件 校閲記者を強く志望する方。参加者の学部、学年は問いません。
開催日 2020年8月17日(月)
2020年8月24日(月)
2020年8月25日(火)
2020年8月26日(水)
内容 ▽毎日新聞の校閲記者の仕事とは
▽紙面校閲に挑戦
▽職場を体験してみよう
※内容は変更する場合があります。
定員 1日当たり3人程度。応募者多数の場合は、書類選考および面接などを実施します。
参加費 無料。
報酬もありません。会場への交通費はご自身でご負担ください。
応募の流れと注意点 画面右上の「インターン用マイページ」 から予約してください
トップ画面に表示されている「1day program 実践 校閲記者入門」の応募フォームからアンケートと顔写真を登録してください。
これらの登録をもって応募完了です。
※応募には「My Page」 への登録が必要です。
応募締切 2020年7月1日(水)正午
開催地 東京本社(千代田区一ツ橋1-1-1)
お問い合わせ 毎日新聞社インターンシップ事務局
〒100-8051
東京都千代田区一ツ橋1の1の1
TEL:03-3212-0321(代表)
e-mail:
平日10:00-18:00(祝日除く)