応募要項

※応募要項・出品票・預かり証のPDFはこちらからダウンロード

応募部門

第1部(伝統) 伝統を踏まえた創作作品(縦60×径60×奥行き60cm以内。組み作品の場合、直径の合計は150cm以内とする)
第2部(自由造形) 用途にとらわれない自由な造形による作品(横幅、奥行き、高さの合計が240cm以内であること。ただし、奥行きは80cmを、横幅と高さはそれぞれ100cmを越えないこと。組み作品の場合、その合計がこの範囲を越えないものとする)
第3部(生活の器) 生活の中で用いられる器(縦60×径60×奥行き60cm以内。組み作品の場合、直径の合計は150cm以内とする。紅茶カップセットなどでは、受け皿の直径の合計のみを目安とする。1点可)
※上記の作品サイズを厳守して下さい。規定を越えた作品は受付できません。予めご了承下さい。

応募条件

①1人3点以内。複数部門に分かれてもかまいません。
②未発表作品に限ります。
③応募資格は問いません。団体可。海外在住者(国籍不問)でも日本国内居住の代理人を通じて作品の搬入・返却をし、日本語で記した出品票を提出すれば応募可能です。別途、代理人用申請用紙が必要。
④搬入の際、破損しやすい作品は受け付けをお断りすることがあります。委託輸送された作品でも返送します。作品返送料金については、作品返送後にご請求書を送付します。
⑤審査員の判断で、応募された部門を変更することがあります。
⑥入賞・入選作品は本展に展示するほか、主催者が発行・管理する図録、ポスター、チラシ、ホームページ、公式SNSなどへ掲載する権利、本展広報のため第三者に提供する各種印刷物への掲載に関する諸権利については、主催者にあることに同意したものとします。
⑦応募者は応募要項に従って下さい。違反した場合は失格となることがあります。

出品料

※スクロールをするとすべて表示されます
区分 1点 2点 3点
一般の方 16,000円 25,000円 33,000円
35歳以下の方※ 10,000円 16,000円 21,000円

※第25回から一部出品料を減額しております。
※平成30年4月1日現在満35歳以下の方が対象です。《誕生日が昭和57年(1982)年4月2日以降の方》
※いったん納入された出品料は返却しません。

振込方法 郵便振替(委託輸送、持参搬入とも事前に振り込んで下さい。)
通信欄に、日本陶芸展第○部、委託輸送か持参搬入か、作品の評価額の3点を必ず明記して下さい。
海外の出品者の代理で手続きをする場合、海外代理人と記入の上、国名もご記入下さい。
口座名義 毎日新聞社
口座番号 00180ー3ー2800
振込期間 2018年12月1日(土)〜同28日(金)の間に振り込んで下さい。

作品の搬入

① 委託輸送による搬入

作品到着受付 2018年12月1日(土)〜2019年1月12日(土) 期間内必着
添付書類 (1)出品票(正面から写した写真1枚と郵便振替用紙のコピーを貼付して下さい。)
元払い運送保険付きで、以下の送り先までお送り下さい。輸送途上での事故(破損、紛失など)に対して主催者は責任を一切負いかねます。ご注意下さい。外箱の段ボール箱には「取り扱い注意」「割れ物注意」などの荷札を貼って下さい。
〈送り先〉
〒113-0023
東京都文京区向丘2−33−5 谷中田美術「日本陶芸展事務局」
電話(03)3823ー1539

② 持参搬入

作品受付 2019年1月19日(土)、20日(日) 10時〜16時
東京都台東区花川戸2-6-5
東京都立産業貿易センター・台東館7階「日本陶芸展事務局」(浅草駅徒歩5分)
提出書類 出品票(正面から写した写真1枚と郵便振替用紙のコピーを貼付して下さい。)

応募上の注意

①出品票(1作品ごとに作成、コピー可)に楷書で記入して下さい。諸事項が未記入のものは、受け付けない場合があります。受付番号欄は記入しないで下さい。なお、陶歴を記した印刷物がある場合は、一緒に提出して下さい。
②作品の裏面に作品名を記入した「審査用作品ラベル」を貼付して下さい(茶碗は内面に、茶入れは側面に。高台部分は不可)。
③作家が正面と考える場所に「正面シール」を貼付して下さい。撮影の場合は、「正面シール」側よりカメラを向けます。
④作品の正面、天地などが分かるよう③の正面シールを貼った上、正面から写した写真1枚(カラー、パソコンのプリントアウト可)を出品票の所定の位置に貼付して下さい。
⑤「梱包ラベル」に作品名、氏名を記入し、作品輸送用の段ボール箱上部に貼付して下さい。その隣に作品の写真1枚を貼付して下さい。外箱が複数の場合は、それぞれにラベルと写真を貼付して下さい。持参搬入の方で、作品輸送用の段ボール箱がない方は「梱包ラベル」と写真をご持参下さい。なお、持参搬入の方のみ受付番号を記した作品預かり証をお渡しします。
⑥入賞・入選作品は招待作品とともに各会場において作品の購入希望に応じるものとします。
⑦出品票に記入する作品評価額は、組作品の場合、合計金額をご記入下さい。
※「審査用作品ラベル」、「正面シール」、「梱包ラベル」はこちらからダウンロード

作品の搬出・返却

①作品の搬出・返却に要する費用は、すべて出品者の負担とします。
②選外作品の搬出は、2019年1月23日(水)〜 24日(木) 10時〜 16時(24日は15時まで)、東京都台東区花川戸2‐6‐5、東京都立産業貿易センター・台東館7階、「日本陶芸展事務局」で行います。搬出方法については、応募の際、出品票に明記して下さい。直接搬出に来られる方は、恐縮ですが、1月22日(火)19時〜 20時の間に、作品が入選したか選外になったかを、電話(03‐3212‐0189)にてお問い合わせ下さい。(作品預かり証に記された受付番号を伝えることができる方のみが対象です。直接搬出に来られない方のお問い合わせはご遠慮下さい)。搬出日に取りに来られない方、搬出方法の指定がない方は、谷中田美術を通じて5月上旬までに返送します。作品返送料金については、作品返送後にご請求書を送付します。
③入賞・入選作品の返却は、最後の展覧会終了後に行います。作品返送料金については、作品返送後にご請求書を送付します。なお作品評価額が高額の場合(作品評価額に準じた保険を掛けるため)、運賃が高くなりますのでご注意下さい。自己搬出や引き渡し日時については、別途連絡します。
④作品にかかる損害保険の事故報告受付期間は、返却された作品の到着後2週間です。作品到着後は速やかに開梱し状態の確認をお願いします。2週間を超えた後に事故のご報告をいただいても補償の対象となりませんのでご了承下さい。

作品返送料金の目安

返送荷造再梱包料(6480円)及び運賃・保険料などを含んだ料金の目安(梱包荷姿の基準は50×50×50cm、重さ30kg以内)は、以下の通りです。
▽沖縄及び離島地域=14000円前後▽北海道・九州地域=11000円前後▽中国地域=9500円前後▽四国地域=10000円前後▽東北・北陸・東海地域=9500円前後▽関東地域=9000円前後。ただし、返送運賃はあくまでも目安ですので、返送運賃に地域により地区割り増し料がかかる場合があります。また、梱包荷姿の基準を超える大型梱包の場合や作品評価額が高額の場合(作品評価額に準じた保険を掛けるため)、返送運賃は高くなりますのでご了承下さい。

作品の保管

入選した作品は、主催者の責任において保険(上限30万円)をかけて保管し、十分に注意して取り扱いますが、地震、テロなど不可抗力による損傷・事故・紛失については、主催者は責任を負いません。