2016年度は「毎日希望奨学金」194人に

  毎日新聞社と毎日新聞(大阪・東京・西部)社会事業団は東日本大震災で保護者を亡くした生徒や学生を支援する2016年度の「毎日希望奨学金」を194人に給付します。うち2015年度からの継続者が139人、新規が55人です。学校別では高校・高専生110人、短大・大学生66人、専修学校生18人です。月額2万円を3カ月ごとにまとめて給付します。

 毎日希望奨学金は2011年5月に創設し、2011年度は156人に総額3,744万円。2012年度は188人(当初は191人、退学や休学等で188人に)に総額4,554万円。2013年度は240人(当初は241人、休学等で240人に)に総額5,766万円。2014年度214人(当初は215人、退学で214人)に総額5,154万円。2015年度215人(当初は217人、退学で215人)に総額5,184万円を給付しました。2011年4月からの奨学金給付総額は2億4,402万円になりました。・・・

続きを読む

「熊本地震救援金」受け付け

第1次贈呈分7,000万円寄託

 熊本地震の被災者に対して、全国の読者から東京・大阪・西部社会事業団に多くの救援金が寄せられています。第1次贈呈分として、熊本県、大分県、日本赤十字社熊本県支部および現地で救援活動をしているNGO4団体に総額7,000万円を寄託しました。ご協力いただきました皆様にあつくお礼を申しあげます。救援金は引き続きのご支援をお願いいたします。

 4団体は以下の通りです。(順不同)
 ▽AMDA▽AAR(難民を助ける会)▽ピースウィンズ・ジャパン▽ワールド・ビジョン・ジャパン

 毎日新聞社と毎日新聞大阪社会事業団は、熊本県を中心に発生した地震の被災者救援金を受け付けます。

 「熊本地震救援金」と明記して郵便振替か現金書留でお送りください。送料はご負担をお願いします。物品はお受け出来ません。お名前、金額などを地域面に掲載しますので匿名を希望する方は「匿名希望」と明記してください。

 〒530−8251(住所不要) 毎日新聞大阪社会事業団「熊本地震」係
  (郵便振替00970−9−12891)。

「そよかぜ杯ボウリング大会」開催

「小児がん征圧募金」を受け取る各団体の代表者ら

ボウリングを楽しむ参加者

 「第25回そよかぜ杯ボウリング大会」が2016年6月26日、大阪市北区梅田2の桜橋ボウルで開かれました。大阪交通遺児を励ます会(青木勝代表)、毎日新聞大阪社会事業団の共催で、大阪や奈良、京都、兵庫などから交通遺児らとその家族約100人が参加しました。

続きを読む

2015年度「公募助成金制度」贈呈先決定

 毎日新聞大阪社会事業団の公募助成金制度の審査会が2016年1月28日に開かれ、次の9団体に総額270万円を贈ることが決まりました。

続きを読む

小児がん征圧募金6団体に贈呈

「小児がん征圧募金」を受け取る各団体の代表者ら

「小児がん征圧募金」を受け取る
各団体の代表者ら

 毎日新聞の「生きる」キャンペーンに寄せられた「小児がん征圧募金」の贈呈式が3月2日、大阪市北区の毎日新聞大阪社会事業団で行われました。

続きを読む

「博物館明治村」で施設児童一泊交流会開く

グループに分かれて体験学習をする子どもたち=愛知県犬山市の「博物館明治村」で

グループに分かれて体験学習をする子どもたち

 大阪市の児童福祉施設で暮らす子どもたちに体験学習を楽しんでもらう一泊交流会が2月27、28日に愛知県内で行われました。大阪市、大阪市児童福祉施設連盟、毎日新聞大阪社会事業団の共催で、淀川区の博愛社など10施設から小学6年生40人が参加しました。

続きを読む

施設児童就職予定者研修会開く

91人に「祝い金」贈呈

祝い金を受け取る生徒=2月6日、島田和也撮影

祝い金を受け取る生徒=2月6日、島田和也撮影

 今春、就職などで府内の児童福祉施設から独り立ちする中高生・短大生を対象にした「施設児童就職予定者研修会」(大阪児童福祉事業協会アフターケア事業部、大阪府社会福祉協議会児童施設部会、毎日新聞大阪社会事業団主催、シェラトン都ホテル大阪協力)が2月6日、大阪市天王寺区の同ホテルで開かれました。

続きを読む

報告一覧