主な事業/国際協力に関する事業(世界子ども救援事業)

2015年ネパール ブータン難民キャンプ報告【写真特集】

希望持ち続けて

有刺鉄線が張り巡らされたキャンプ内から、外を見つめる少女

有刺鉄線が張り巡らされたキャンプ内から、外を見つめる少女

  「難民キャンプにいれば食料支援も受けられる。でも、私たちは食べるために生きているのではなく、祖国に帰るために生きているのです」。6歳で祖国ブータンを追われて以来、ネパール東部ダマクにある難民キャンプで生きてきたサンチャ・スッバさん(31)は言う。ブータン政府は1980年代後半、言葉や宗教の違うネパール系住民を弾圧し、10万人以上が国外に逃れて難民となった。今も約2万人がさまざまな思いを抱えてキャンプで暮らしている。

  解決に向けたブータンとネパール両政府の交渉が暗礁に乗り上げるなか、米国やカナダなどで新生活を始める「第三国定住」が2007年に始まり、これまでに約10万人が自由を求めてキャンプを出た。一方で、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に対して、「定住に関心はない」と意思表示している人もいる。新しい場所に移ることに不安がある高齢者や障害者も含まれる。

  「生まれた時から難民だった」というジャング・マガルさん(18)は、第三国で勉強して医師になりたいという。就労権が認められていないネパールではかなえられない夢だ。友人の多くは既に出国したが、一緒に暮らす母親(52)は環境の変化を嫌って定住に反対。家族の合意なしには旅立てないため、キャンプにやむなく居残っている。「言葉も分からず、苦労するかもしれない。それでも、将来の見えないここにいるよりはいい。何とか母を説得して、一日も早く出国したい」

一方、スッバさんはキャンプで祖国に帰る日を待つと決めている。「何年かかっても諦めない。私たちがブータンに帰ることが、世界中にいる難民の希望になるはずだから」<写真・幾島健太郎 文・武内彩>(ネパールで2015年9月に撮影)

Next

[an error occurred while processing this directive]

「世界子ども救援金」への募金はこちらへ

【銀行振り込み】 三菱東京UFJ銀行 大阪営業部(普通0672597)。
口座名は公益財団法人毎日新聞大阪社会事業団(手数料は金融機関でご確認ください)

【郵便振替】 「世界子ども救援金」と通信欄に明記して郵便振替(00970−9−12891)
口座名(加入者名)は公益財団法人毎日新聞大阪社会事業団

【現金書留】 〒530−8251 大阪市北区梅田3の4の5、   毎日新聞大阪社会事業団 へ

寄付者名を紙面(関係地方版)で紹介します。匿名を希望される方は「匿名希望」と明記してください。銀行振り込みの方で掲載や領収証をご希望の場合は、その旨を明記して住所、氏名、電話番号を書き、振込用紙の写しを添えて郵送かファクス(06・6346・8681)で大阪社会事業団へお送りください。 ※物品はお受けできません。

国際協力に関する事業(世界子ども救援事業)