CASE STUDY 導入事例

愛媛県 愛光高等学校
栗林政貴教諭

生徒の表現力を鍛えたいと考えて記者トレを導入しました。
高校2年生(251名)がクラスごとに取り組んでいます。各クラスの担任が授業を行っていますが、テキストと連動した解説動画があるので指導しやすいです。
模範解答がありますが、あくまで一例で生徒が自分達で気づきあい解答をつくることができるのでとても良い教材です。


奈良県立香芝高等学校
川下優一教諭

2020年4月に新設された普通科表現探究コースの1年生(現2年生)が毎週1コマ授業を受けました。新聞記事の書き方や見出しのつけ方などを学習して、中学校の恩師や映画監督、香芝市長へのインタビューに挑戦しました。最後に新聞を作り、生徒同士で批評するなどしました。
全ての授業を終えた生徒40人への意識調査の結果、情報を整理する力や効果的に表現する力が向上したと回答する生徒が大幅に増加しました。1年を通して、生徒たちの論理的思考力や情報活用能力が身に付いてきたと感じています。私自身も、要点を押さえた文章を書けるようになったり、文章を書くことが好きになったりして、生徒とともに学ぶことができました。


昭和女子大学
杉橋朝子教授

230人以上の大人数クラスだったのですが、現役のアナウンサーの方がご指導くださると聞き、印象に残る実践的な学びを期待しました。写真から記事を書き、読み上げ録音する、というグループ活動もあり、アクティブな授業展開ができることも魅力でした。
紹介文は思いの外、傑作が揃い学生も楽しんだようでした。2回目はアナウンサーの方の「間」や声の抑揚に印象を深くした学生もいました。今後、全6回のプログラムを経験してみたいです。


【これまでの実施一覧】

  • 愛媛県愛光高等学校
  • 奈良県香芝高等学校
  • 品川女子学院中学校·高等学校
  • 第一学院高等学校
  • 東京理科大学
  • 大阪経済大学
  • 日本大学法学部
  • 関西大学大学院
  • 南あわじ市教育委員会
  • 大阪市立白鷺中学校

資料請求・お問い合わせ

より詳しく内容を知りたい方へ