「輪内高齢者サービスセンター」に配食車贈呈

配食車贈呈

配食車贈呈

 毎日新聞大阪社会事業団は2019年12月11日、三重県尾鷲市社会福祉協議会の輪内高齢者サービスセンター(同市曽根町)に、配食サービス車1台を寄贈しました。

 配食車の寄贈は、1999年から始まり、今回で33台目。ダイハツの軽ワゴンをデベロ社(本社・水戸市)が特殊改造した車で、毎日新聞の読者からの寄付金をもとに購入しました。

詳細はこちら

2019年台風19号被害者救援金

第1次分4,500万円を贈呈

 2019年台風19号で被災した方々のために全国の読者から毎日新聞大阪・東京・西部社会事業団に多くの救援金が集まりました。日本赤十字社、福島県、宮城県、神奈川県、栃木県、長野県に義援金として総額4,500万円を贈呈しました。

ご協力いただきました皆様にあつくお礼を申し上げます。

2019年台風15号被害救援金報告

 2019年台風15号で被災した方々のために全国の読者から毎日新聞大阪・東京・西部社会事業団に多くの救援金が集まりました。千葉県および東京都(島しょ部)に義援金として総額1,305万1,448円を贈呈しました。

 募金の受付を終了いたします。ご協力いただきました皆様にあつくお礼を申し上げます。

2019年度は「毎日希望奨学金」199人に

 毎日新聞社と毎日新聞(大阪・東京・西部)社会事業団は東日本大震災で保護者を亡くした生徒や学生を支援する2019年度の「毎日希望奨学金」を199人に給付します。うち2018年度からの継続が144人、新規は55人です。学校別では高校生83人、短大・大学・大学院生96人、専修学校生20人です。月額2万円を3カ月ごとにまとめて給付します。

 毎日希望奨学金は2011年5月に創設し、2011年度は156人に総額3,744万円。2012年度は188人(当初は191人、退学や休学等で188人に)に総額4,554万円。2013年度は240人(当初は241人、休学等で240人に)に総額5,766万円。2014年度214人(当初は215人、退学で214人)に総額5,154万円。2015年度215人(当初は217人、退学で215人)に総額5,184万円。2016年度は192人(当初は194人、退学で192人)の総額4,626万円。2017年度は194人に総額4,656万円。2018年度は202人(当初は203人、休学等で202人に)の総額4,860万円を給付しました。2011年4月からの奨学金給付総額は3億8,544万円になりました。

 この奨学金は趣旨に賛同いただいた読者や団体からの寄付をもとに運営しています。引き続き募金にご協力をお願いいたします。

詳細はこちら

「西日本豪雨災害救援金」4,153万円を寄託

小田川の決壊で水に覆われた真備町地区。奥は高梁川=岡山県倉敷市で2018年7月7日、毎日新聞社ヘリから加古信志撮影

西日本豪雨災害 岡山県倉敷市真備町地区

 西日本豪雨災害の被災者に対して、全国の読者から毎日新聞大阪社会事業団に多くの救援金が寄せられました。2018年9月4日に第1次贈呈分として日本赤十字社岡山県支部、日本赤十字社広島県支部、愛媛県に3,000万円を寄託。19年3月1日に第2次分として日本赤十字社岡山県支部、同広島県支部、愛媛県へ1,000万円を寄託。19年6月24日に第3次分として日本赤十字社岡山県支部へ68万9,500円、同広島県支部へ58万2,400円、愛媛県へ26万305円、合計153万2,205円を寄託。これまでの贈呈総額は4,153万2,205円となりました。西日本豪雨災害救援金の受け付けは終了いたします。ご協力ありがとうございました。

報告一覧