2014年 織田作之助賞 選考結果

受賞作発表

■織田作之助賞選考結果■
  第31回織田作之助賞は、審査の結果、以下のように決定しました。
 なお、贈呈式は2015年3月9日(水)、午後5時、綿業会館 (大阪市中央区備後町)で行います。


 <織田作之助賞> 受賞2点(副賞各50万円)
 ☆図書名『阿蘭陀西鶴』 著者 朝井まかて 55歳 女性
 出版社名 講談社

 ☆図書名『世界でいちばん美しい』 著者 藤谷 治 51歳 男性
 出版社名 小学館


 <織田作之助賞>選考委員(50音順)
 河田悌一(前関西大学学長、日本私立学校振興・共済事業団理事長)
 高村薫(作家、本年度より新任)
 田中和生(文芸評論家)
 辻原登(作家)
 湯川豊(文芸評論家)

■選考経過■
  今回の推薦点数は69点(推薦人30人)(重複を含む)でした。このうちから、下記の候補作5点を選出し、本日(12月18日、午後2時から)開いた選考委員会で決定したものです。

【織田作之助賞最終候補作】
朝井まかて 『阿蘭陀西鶴』      講談社
伊藤たかみ 『ゆずこの形見』     河出書房新社
戌井昭人  『どろにやいと』     講談社
藤谷 治  『世界でいちばん美しい』 小学館
吉村萬壱  『ボラード病』      文藝春秋



■織田作之助青春賞・U―18賞選考結果■
  第31回織田作之助青春賞と新設の「織田作之助U―18賞」は2014年8月31日に公募を締切り、審査の結果、以下のように決定しました。
 なお、贈呈式は2014年3月9日(月)、午後5時、綿業会館 (大阪市中央区備後町)で行います。
*本年度から織田作之助青春賞は佳作を選出せず、受賞作1作のみとなり、U-18賞も受賞作1点のみを選出しました。


 <織田作之助青春賞> 受賞作(賞状・副賞:30万円と記念品)
 ★題名「ジンジャーガム」 作者:柳澤 大悟(やなぎさわ だいご) *本名、同じ 25歳 男性 東京都在住

 <織田作之助U―18賞> 受賞作(賞状・副賞:図書券5万円と記念品)
 ★題名「池から帰るふたり」 作者:中原らいひ(なかはら らいひ) *本名、髙井清太郎(たかい せいたろう) 17歳 男性 大阪府在住


 <織田作之助青春賞・U―18賞>選考委員(50音順)
 堂垣園江(作家)
 増田周子(関西大学教授)
 吉村萬壱(作家)

■選考経過■
 織田作之助の最初の小説執筆年齢である24歳までの全国の若者を対象とする平成25年度の「第30回織田作之助青春賞」と新設の「織田作之助U―18賞」(2015年4月1日現在で18歳以下)として、新聞やインターネットなどで応募を呼びかけました。締め切りは、平成26年(2014年)8月31日で、応募数は青春賞が241編、U―18賞が76編でした。数度の予選審査を経て最終候補作品から、平成26年(2014年)11月11日に開かれた選考委員会で受賞作をそれぞれ1編ずつ選出しました。

【織田作之助青春賞最終候補作】
 「バックギャモン」柴田犬人(けんと)
 「老いらくのハンバーガーショップ」鳥豆(とりまめ)卓矢
 「海鳴(かいめい)そぞろ」井上田螺(たにし)
 「ジンジャーガム」柳澤大悟
 「ザマアくん」戸城惹乃(としろひの)

【織田作之助U―18賞最終候補作】
 「極彩音の日々」樋田大輝
 「雨宿り」北村朱理
 「池から帰るふたり」中原らいひ


■事務局■
 〒543-0062 大阪市天王寺区逢阪2-5-11、大阪文学振興会「織田作之助賞」係
 Tel:06-6775-1567▽Fax:06-6775-1568

■主催など■
 主催 大阪市、大阪文学振興会、関西大学、毎日新聞社
 後援 大阪府教育委員会、大阪市教育委員会
 協賛 一心寺、ルーブル書店


◎紙面特集を読む
◎U-18賞受賞作を読む
◎青春賞受賞作を読む
◎受賞作発表を読む