記者トレは
「新聞社が開発した教育・研修プログラム」

毎日新聞社、東京理科大学井籐元・准教授が共同で開発したプログラムです。
36人の新聞記者にインタビューして問題発見力・発想力・表現力を体系化しました。

着目したのは記者のノウハウ

3つの力を育みます

論理的思考力

聞く力 話す力
読む力 書く力

表現力

分かりやすく伝える力
編集力

コミュニュケーション力

読解力 思考力
問題発見力

PROGRAM プログラム内容

for 高校・大学

記者トレは探究学習を深める学びをサポートします。ニュースを読み解き活用する力(時事力)をつけるニュース時事能力検定と連動して、社会のできごとを多角的に理解することができます。 学習指導要領の改定により「総合的な学習の時間」が 2022年度から「総合的な探究の時間」にかわります。報道の第一線で取材する記者が選んだ記事からさまざまなニュースに触れて、生徒・学生は自らの課題について問いを立て、検証する力を養います。


for 企業

多様な人材が相互理解を図りながら活躍できる職場となるように、言葉の力をブラッシュアップします。言語能力を高めることで、報告書や企画書の作成の効率化が進み生産性向上につながります。また、社内コミュニケーションが活性化されることで社員のエンゲージメントを高めます。


CASE STUDY 導入事例

愛媛県 愛光高等学校
栗林政貴教諭

生徒の表現力を鍛えたいと考えて記者トレを導入しました。

奈良県立香芝高等学校
川下優一教諭

2020年4月に新設された普通科表現探究コースの1年生(現2年生)が毎週1コマ授業を受けました。

昭和女子大学
杉橋朝子教授

230人以上の大人数クラスだったのですが、現役のアナウンサーの方がご指導くださると聞き、印象に残る実践的な学びを期待しました。

資料請求・お問い合わせ

より詳しく内容を知りたい方へ