全国高校生 農業アクション大賞 2017~地域との共生を求めて~

  • 募集要項
  • 審査と支援
  • 応募する
  • パンフレット

第1回の支援対象15グループが決定しました!

2017年度は全国91高校から計115件の応募があり、8月末に審査会を開催しました。
15グループには、今年度から3カ年の活動に対し、支援金各20万円が贈られます。
2019年度には活動実績を基に、「大賞」「準大賞」を選出します。


「全国高校生農業アクション大賞」は農業高校などの生徒たちがグループで取り組む、
農や食に関するプロジェクトや課題研究を支援します。
農家の人たちなど地域と連携して実践する3カ年の計画を、毎年度募集します。
6次産業化の推進など、テーマは自由。学校を通じて応募してください
(2017年度の募集は締め切りました)

応募の中から15グループ程度を選び、活動の支援金20万円を贈ります。
3年間で優れた実績を残したグループには、「大賞」「準大賞」を贈ります

<審査員>

一瀬 裕一郎さん(農林中金総合研究所主事研究員)
尾木 直樹さん(教育評論家、法政大学特任教授)
上岡 美保さん(東京農業大学国際食料情報学部教授)
川瀬 良子さん(タレント、NHK「趣味の園芸 やさいの時間」MC)
福園 昭宏さん(全国農業協同組合中央会広報部長)
広田 勝己さん(毎日新聞社取締役)

尾木 直樹さん

尾木 直樹さん 滋賀県出身。早稲田大卒業後、私立高校や公立中学校、大学で計44年間、教壇に立つ。『子どもの危機をどう見るか』 (岩波新書)など著書多数。臨床教育研究所「虹」を主宰し、いじめなどの教育問題に取り組む一方、「尾木ママ」の愛称でテレビ番組にも多数出演する。法政大学特任教授。

川瀬 良子さん

川瀬 良子さん 静岡県出身。NHK・Eテレ「趣味の園芸 やさいの時間」のMCを務め、ラジオ番組「あぐりずむ」(JFN各局)のパーソナリティーとしても活躍。趣味の野菜作りがきっかけで「農縁プロジェクト」に取り組む。著書に『川瀬良子のプランター野菜』(主婦と生活社)。