ともに2020


ともにバリアーゼロ社会へ

「ともに2020」とは

毎日新聞社は多様性を重んじ、人にやさしく、心のあり方も含めてバリアーのない社会を目指します。

2021年に開催される、東京オリンピック・パラリンピックは、世界最大のスポーツの祭典。海外からハンディキャップを持つ人を含め、多くのアスリートや観客が集まります。開催地・東京にとどまらず、日本社会を大きく変革する可能性を持つオリンピックは、社会に存在するさまざまな障害、差別をなくす好機ととらえることができます。

東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャル新聞パートナーでもある毎日新聞社は、2016年12月より「ともに2020」キャンペーンを開始。現在、毎日新聞社では、全本社が取材に参加、担当部署の垣根を越え「ともに2020」キャンペーンに取り組んでいます。

毎日新聞社はさまざまなバリアーを前にした当事者に寄り添いつつ、共生社会の実現にむけ問題提起にチャレンジしていきます。そして、私たちは徹底した取材にこだわり事実を伝え、多様な意見を紹介する「毎日ジャーナリズム」を貫く決意です。

毎日ユニバーサル委員会

「ともに2020」キャンペーンの一環として、記事への助言や提言をいただく有識者の会「毎日ユニバーサル委員会」を設置しました。さまざまな角度から今後の日本の姿を考える議論の「広場」を目指します。

特集記事
河合純一氏

河合純一(かわい じゅんいち)氏=日本パラリンピック委員会委員長

早稲田大教育学部卒。先天性の弱視で15歳の時に全盲に。パラリンピック競泳ではバルセロナからロンドンまで6大会連続出場。金5個を含む計21個のメダルを獲得した。日本パラ水泳連盟会長も務める。2016年に日本人として初めて国際パラリンピック委員会(IPC)殿堂入りした。静岡県出身。1975年生。


川内美彦氏

川内美彦(かわうち よしひこ)氏=元東洋大学教授

横浜国立大大学院修了。工学博士。広島・呉工業高専在学中にスポーツ事故がもとで19歳から車椅子生活に。1982年1級建築士。89~90年に障害者派遣事業で米国へ渡り、ユニバーサルデザインを学ぶ。2000年にロン・メイス21世紀デザイン賞を受賞。2008~2018年教授を務め、現在は東洋大人間科学総合研究所客員研究員。広島県出身。1953年生。


鈴木大地(すずき だいち)氏=順天堂大大学院教授

順天堂大大学院修了。1988年ソウル五輪競泳100メートル背泳ぎで金メダルを獲得。米コロラド大ボルダー校客員研究員や順大教授などを経て、2015年から2020年まで初代スポーツ庁長官を務めた。現在は順大スポーツ健康医科学推進機構長や日本水泳連盟会長、国際水泳連盟理事も務める。医学博士。千葉県出身。1967年生。


田中里沙

田中里沙(たなか りさ)氏=事業構想大学院大学学長

学習院大文学部卒。広告・マーケティングの専門雑誌「宣伝会議」の編集長などを経て、2016年から現職。政府や行政の各委員を務めるとともに、コメンテーターとしても活躍する。三重県出身。1966年生。


知花くらら

知花くらら(ちばな くらら)氏=モデル

上智大文学部卒。2006ミス・ユニバース世界大会で第2位を獲得。07年に国連世界食糧計画(WFP)オフィシャルサポーターに就任し、13年より9年間、日本親善大使を務めた。15年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」にて俳優デビュー。ファッション雑誌、ナビゲーター、歌人、建築など幅広い分野で活躍する。沖縄県出身。1982年生。


  • 毎日の取り組み