教育と毎日


教育と毎日イメージ

社会を知り、考え、自分の意見をまとめて、発信する。子どもたちの「生きる力」を養うために、毎日新聞社はさまざまな取り組みを展開しています。新聞社の力を生かしませんか。

毎日小学生新聞

毎日小学生新聞
毎日小学生新聞

新聞社が発行する、ニュースがいっぱいの総合教育情報紙です。学習指導要領では、子どもたちが新聞を読んで、社会をより深く理解する学習が多くの教科で盛り込まれています。中学入試に時事問題は欠かせません。子どものうちから、普段から新聞を読む習慣をつけませんか。

タブロイド判8ページ(金・土曜日は12ページ)。
すべての漢字にふりがながついています。

これまでの記事の一部が「毎日新聞社のニュースサイト」でご覧になれます。

毎朝届いて1カ月1580円(税込み)

販売店からのお届け

  毎日小学生新聞デジタルもあります

ニュースがわかる

ニュースがわかる画像
A4判、68ページ、オールカラー

楽しみながらお子さまに学力をつけたいなら、この雑誌をどうぞ!
おもに小学校高学年〜中学生向けにニュースをわかりやすく解説しています。写真や図表を豊富に掲載し、調べ学習や自学に活用できるよう工夫しています。
難しい政治、経済、国際ニュースも取り上げますので、高校・大学生や社会人の方もお読みいただけます。ご家族でお楽しみください。

これまでの目次が「毎日新聞社のニュースサイト」でご覧になれます。

定期購読のお申し込み

販売店からのお届け

メール便でのお届け (オンライン書店 「Fujisan.co.jp」へ。電話は0120-223-223)

 

  月刊Newsがわかるデジタルライトもあります

毎日ウィークリー

毎日ウィークリー
毎日ウィークリー

毎日ウィークリー(Mainichi Weekly)は毎日新聞社発行の週刊英語学習紙。話題のニュース、映画・ドラマ、TOEIC対策など、多彩な情報を毎週お届けします。全ページ注釈または日本語対訳つきなので、辞書がなくても気軽にどこでも楽しく読めて長続き。いつのまにか、生きた英語が身につきます。月998円、週刊英語学習紙、毎週土曜日発行。

詳しくは「毎日新聞社のニュースサイト」をご覧ください。

販売店からのお届け

  毎日ウィークリーデジタル&デジタルライトもあります

教育に新聞を

NIEは、Newspaper in Education(教育に新聞を)の略です。近年、子どもたちの思考力・判断力・表現力に課題がみられると指摘され、学習指導要領は「新聞の活用」を打ち出しています。各教科の教科書では、記事を書いたり、要約したり、比べ読みをしたり、自分の意見をまとめたりするなど、あらゆる学びに新聞記事が使われています。次のような効果が期待されます。

NIEロゴ

NIEの効果

  • ・「読む力」「書く力」が養われます
  • ・情報を読み解き、課題を見つけ、論理的に考える力が身につきます
  • ・発信力やコミュニケーション能力を高められます

なお、新聞を授業で積極的に使っていただくため、毎日新聞と毎日小学生新聞の教材用特別価格があります。ご活用ください。

学校教材利用

新聞で学ぼう

小学生から大学生まで、新聞を使って学ぶNIE(教育に新聞を)活動が盛んです。その実践を紹介する毎日新聞の「新聞で学ぼう」に掲載された記事と写真のアーカイブです。「いま」を学ぶテキストとして新聞を活用した取り組みをご覧ください。

アーカイブ一覧

大学センター

毎日新聞社グループは、紙面やニュースサイト内の「@大学」コーナー、週刊「サンデー毎日」や週刊「エコノミスト」などさまざまな媒体と連動しながら、大学教育を取り巻く状況や各大学の取り組みについて情報発信しています。特に「@大学」コーナーでは、70を超える「@大学俱楽部」の会員大学の動きをきめ細かく発信しているほか、教育改革の動きをウォッチしています。

論説委員らが講義する「現代経済時事分析」「現代社会事情概説――毎日新聞社で働く女性社員の視点から」などをテーマにした大学提携講座も、日本大学経済学部や成城大学、学習院女子大学や昭和女子大学などで開講しています。

このほか、教育フォーラムの開催や大学案内などの印刷やプロモーションビデオの製作も手がけています。次世代の日本を支える人材育成のために何ができるかを各大学と手を携えながら模索しています。

キャンパる

キャンパるスクラップ

掲載は毎週金曜日の夕刊(東京本社発行)。大学生と社会をつなぐ、他紙にはないユニークな「紙面」です。1989年2月に「創刊」され、30年近い伝統を誇ります。面白い取り組みをしている教授や学生、ゼミ、サークル活動、就職活動の苦労など、毎週の企画会議で学生たちが関心あるテーマを熱っぽく議論し、学生が取材して記事にしています。

「キャンパる」ネットワークは全国に拡大中で、東京本社の夕刊だけではなく、とっとりキャンパる、キャンパるかんさい+(プラス)、東海キャンパる、かながわキャンパる、とちぎキャンパるが地域面で独自の大学情報を発信しています。

これまでの記事の一部がご覧になれます。

  詳しく見る


  • 毎日の取り組み