ホーム> イベント> 交通安全年間スローガン作成にあたって

交通安全年間スローガン作成にあたって

応募される皆さまへ

 ◆交通事故を撲滅するために

 「交通安全年間スローガン」は「交通戦争」という言葉が使われるほど事故死者が深刻な社会問題になってきた昭和40(1965)年度に募集が始まりました。平成28(2016)年の事故死者数はピークだった昭和45(1970)年の4割以下に減ったとはいえ、3,904人もの尊い命が奪われています。交通事故で亡くなったり、負傷する人を少しでも減らすにはどうすればよいか、皆さまの思いをスローガンに託してください。

 また、快適に歩行したり、車を運転したり自転車を利用するためにはどうすればよいか。そのような呼びかけも発信してください。

 ◆「重点テーマ」に沿って考えて

 最近の交通事故はどのような傾向にあるのか。それを警察庁と全日本交通安全協会が分析し、対策に役立てるため掲げたものが、「重点テーマ」です。例えば、一般部門B=歩行者・自転車利用者へ呼びかけるもの=の最初に「高齢者の交通安全(正しい横断など)」があるのは、昨年の歩行中に交通事故で亡くなった人のうち約7割にあたる1,003人が高齢者だったという現実を踏まえたものです。スローガンは「重点テーマ」に沿って作成してください。

主催 一般財団法人全日本交通安全協会 毎日新聞社
後援 内閣府 警察庁 法務省 文部科学省 厚生労働省 経済産業省 国土交通省 NHK
協賛 JA共済 一般社団法人日本自動車工業会