第42回毎日農業記録賞《一般部門》 最優秀賞


陸前高田市広田町の恵み

村上豊子さん(67)=岩手県陸前高田市

陸前高田市広田町の恵み 村上豊子さん(67)=岩手県陸前高田市

陸前高田市広田町は、岩手県内でも比較的温暖で太陽と海の恵み豊かな半農半漁の静かな町だ。地域で野菜作りに取り組み、園芸生産組合の副組合長や市では女性初の農業委員として、地域起こしの課題に向き合った。

そして、全身全霊をかけて設立を主導した食品加工施設「工房めぐ海(み)」が始動したのは2010年秋。しかしそのわずか4カ月後に東日本大震災の大津波被害に遭い、加工場も、レシピも、かけがえのない仲間の一人も失ってしまった。

体調も崩し一時は夢をあきらめかけたが、復興支援に駆けつけてくれた人々や再開を望む仲間の思いに励まされ、12年6月に再始動。地域の海産物や農産物を生かしたおやきなどの製造販売に、心を込めて取り組んでいる。

むらかみ・とよこ

1947年、岩手県陸前高田市生まれ。保育園の保育士を経て、農家の夫との結婚を機に農業に転身。東日本大震災では工房を流され、同僚1人も犠牲になった。昨年の売上高は約1500万円。目標は「多くの方のご支援に応えて自立していく」。2003年に女性として市内初の農業委員に選ばれ、3期務めた。

農業・農村のあるべき姿を求めて―『これで良いのか』―

五月女昌巳さん(69)=栃木県大田原市

農業・農村のあるべき姿を求めて―『これで良いのか』― 五月女昌巳さん(69)=栃木県大田原市

農家の長男に生まれ、小学4年の時に10羽の鶏を飼い、中学生で和牛飼育を始めた。高校時代は水田と酪農、トラクターにしか興味はなく、修学旅行の積立金は、先進農家訪問費用に消えた。卒業時には貯金した160万円で外国製トラクターを購入した。

卒業後は海外農業への夢が膨らみ、渡米して1年間養豚農家で研修。帰国後は減反政策にいち早く対応し、ビール麦や大豆の大規模生産・出荷を先導した。

その後活動は、米の直売を通じた消費者との交流、アウトレットモールでの農産物直売、地域文化の継承・振興などにも拡大。これからも新しいアイデアをどんどん出して、家族や地域の仲間との楽しい農家生活を夢見ている。

そうとめ・まさみ

1945年11月生まれ。妻初枝さん、長男夫婦、孫3人の7人家族。農業機械が好きで、ガレージには歴代の耕運機やコンバインなどが現役時代の写真パネルとともにズラリと並ぶ。妻は「趣味一つなく、寸暇を惜しんで農業と地域の未来を考えてばかりいる人」と評する。

夢は叶う!明るい農業を後世に!! たくさんの人に支えられて

梅本恵子さん(43)=富山県砺波市

夢は叶う!明るい農業を後世に!! たくさんの人に支えられて 梅本恵子さん(43)=富山県砺波市

スポーツクラブのインストラクター時代に両親が水稲種子栽培を営む夫と知り合い、結婚した。専業農家となった夫と経営基盤強化を目指し、花の生産に挑むことにした。

修業として愛知県の花卸会社に夫婦で住み込み、花の手入れや仕分けなどをこなし、花を見る目を養った。そして1年後に帰郷し花の栽培に着手した。

土地の気候に合った栽培方法の確立に苦心したが、生活のすべてを花の栽培につぎ込んで、会社設立にこぎ着けた。来客者の声を聞き、温室は車いすでも入れるよう改良し、イチゴ狩りできる温室やバリアフリーの「米粉カフェ」も開店した。結婚9年目には念願の子供も授かった。農業の未来のために私たちの挑戦を続けたい。「夢は叶う」。そう信じて。

うめもと・けいこ

1971年、庄川町(現・砺波市)出身。夫で「梅香園」代表の英孝さん(44)との間に一人息子の大聖(たいせい)くん(10)。オープン間もないカフェは「利益より交流」をモットーに、地域の子どもからお年寄りまでが集うスポットを目指している。富山県農政審議会委員。

私の農業人生

金丸洋子さん(64)=宮崎県西都市

私の農業人生 金丸洋子さん(64)=宮崎県西都市

私の農業人生は1974年、父が結婚のはなむけとして庭に植えてくれた桜の苗木とともに始まった。同級生だった夫と葉たばこ栽培に取り組み、二人三脚で働く幸せを味わった。

しかし10年を過ぎたころ、夫がそううつ病を発病。4人の子供を抱え、義母と2人で必死で家を支えたが、不眠と疲れで自らも体調を崩してしまった。

多額の借金も抱え、もう限界かなと思ったある日、長男が農家を継ぐと宣言。猛烈な勢いで働き始めた。夫は程なく他界したが、次男も就農して独立。それぞれの才覚を生かして栽培品目を増やし、経営規模の拡大に取り組んでいる。農=食、食=命であることを誇りとし、土にまいた種の未来が大きな「実り」になることを信じて、これからも精進したい。

かねまる・ようこ

1950年、宮崎県西都市生まれ。同県立妻高卒業後、佐土原町(現宮崎市)の電機メーカーに勤務。24歳の時、たばこ農家だった中学の同級生と偶然再会して結婚。以来、農業一筋で2男2女を育て上げた。趣味は音楽鑑賞で、三橋美智也さんや池田輝郎さんのファン。

入賞者一覧ページへ

顕彰のイベント一覧へ


顕彰